やりがち!子どもに「人並み」を求めれば求めるほど失敗に陥る、3つのNGしつけ

立石美津子

子供

172170095

世の中にはテストの平均点、平均年収、平均身長、平均寿命……など、“平均”という言葉があふれていますよね。日本人は特に“平均”が大好きだと言われていますが、子育て中のママは子どもにも“平均”を求めていませんか?

顔や身体つきが違うように子どもの発達は平均値通りにはいかないものです。ママが平均を意識し過ぎて、子どもの発達を無視したしつけや教育を押し付けていると、子どもだけではなく、ママにも大きなストレスになってしまいます。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が、“平均値を意識しすぎている”ママの特徴をご紹介します。 

 

■1:食事が「トレーニング」になっている

離乳食を卒業したばかりの子に、“スプーンやお箸を正しく使うこと“や“好き嫌いをしないこと”などのしつけを最優先させていませんか?

食事をする上でもっとも大切なことは“楽しく食べること”です。まずは、大人と同じものを食べる楽しみを教えてあげましょう。

まだ生まれて2~3年しかたっていない子どもは毎日の食事が未知との遭遇。この世で初めてタコやナマコを食べた人ってすごく勇気があると思いませんか? しいていうなら、子どもは毎日そのくらいの勇気を持って初めての食材と向き合っているのです。

ですから、食べず嫌いをしたり、残したりするのは当たり前。イスに座って食事しようとする意欲だけがあるだけでも褒めるに値する行為です。初めからなんでもモリモリ食べる子と同じようになることを強要してはなりませんよ。

 

関連記事

[fbcomments]