野菜嫌いな子でもパクパク食べる!?今すぐマネできるとっておきの方法

藤田光樹

It Mama

PR

122835325

子どもに苦手な野菜が多いとママは苦労しますよね。せっかく一生懸命作ったのに食べてくれないと本当に悲しいものです。

子どもが残さずに食べられるようになるためには、味はもちろん、見た目も大事。そこで、カワイイキャラ弁作りにチャレンジしたものの、面倒だったり、見本通りに作れなかったり……挫折してしまったママ、多いんじゃないでしょうか?

今日は、ママ野菜ソムリエの筆者がキャラ弁よりも簡単なのに、子どもが野菜をモリモリ食べるとっておきの“オムライス”をご紹介します。

 

■お絵描きしながら楽しく作れる「ピカチュウオムライス」

ふわふわの卵と、ケチャップ味のチキンライスの絶妙なハーモニーが楽しめる、子どもに大人気のオムライス。見た目は非常にシンプルですが、最後にかけるケチャップでオリジナリティが出せますよね!

今回はこのケチャップを使って、ぶきっちょさんでも簡単に作れて、しかも子どもが大喜びしてくれる「ピカチュウオムライス」を作ります。

以下の動画でも紹介されているように、うちでも子どもと一緒に作ってみました!

(KAGOME:「いっしょにつくろう!ピカチュウオムライス」 https://www.youtube.com/watch?v=o2FgDrbmL4M)

簡単に楽しくピカチュウの絵が描けるので、子どもにもお手伝いしてもらえるのがポイントです!

基本的にはいつものオムライスでOK! 特にケチャップに合うおすすめレシピがカゴメのホームページで紹介されているのでチェックしてみてくださいね。

ちなみに筆者の娘はピーマンが苦手なのですが、コーンと一緒に調理すると食べやすくなるようです。いつもとちょっと変わったオムライスが食べたいという方は、チキンをシーフードやツナに変えてみてもおいしいですよ。

オムライスができ上がったら、いよいよピカチュウのお絵描きです! 子どもと一緒にお絵描きしながら絵描き歌風に楽しく描いてみてくださいね。

kagome2

小さなお子さんは加減が分からないので、ケチャップを出しすぎることも。ママがちょっと手を貸してあげると、上手に描けますよ。

kagome3

ケチャップでピカチュウが描けたら、最後にストローでくり抜いたチーズを目に乗せて……できあがりです!

 kagome4

ちょっとピカチュウの顔が歪んでいるのはご愛嬌! 大好きなピカチュウが自分で描けて子どもは大喜びしていました!

実は今回のオムライスには娘が苦手なピーマンをこっそり入れていたのですが、楽しい気持ちが勝ったようで、ピーマンに気づかずにニコニコしながら、パクパクとよく食べてくれました!

kagome5

子どもが、おいしそうに食べてくれるのって、本当に嬉しいですよね。

食べ終わった後は、「ママ、とってもおいしかった!また作って!」と嬉しい言葉も! 「オムライスにピカチュウを描くだけでこんなに食べてくれるなら、ママいつでも作っちゃう!」と感激する筆者なのでした。

 

■ピカチュウのケチャップだいすきキャンペーン

ピカチュウオムライスの描き方を紹介しているカゴメでは、現在ピカチュウグッズが当たるキャンペーンを実施しています。カゴメの対象商品についているバーコードを送ると、ピカチュウプレートやぬいぐるみがもらえるチャンス!

kagome6

なんと、バーコード3枚送ると“カゴメケチャップ専用ピカチュウキャップ”がもれなくもらえるんです! ケチャップにピカチュウキャップがついていたら、お子さんとのオムライス作りが盛り上がること、間違いなし!

夏休みのランチは是非お子さんとピカチュウオムライスを作って、キャンペーンに応募してみてくださいね!

【参考】

『ピカチュウのケチャップだいすきキャンペーン』はコチラ!

Sponsored by カゴメ株式会社

関連記事

[fbcomments]