夏に増加!赤ちゃんがかかりやすい「カビ肺炎」原因となる自宅エリア3つ

SUZU

子供

housewife

30度を超す猛暑日が続くと、外出が減り、エアコンが効いた快適な室内で1日を過ごしているという方が多いのではないでしょうか?

そこで気をつけたいのが、この時期に多く発症する、自宅の空気が原因で赤ちゃんがかかってしまう“夏型過敏性肺炎”。別名“カビ肺炎”とも呼ばれます。

あまり知られていませんが、きちんとした対策をしなければ我が子を危険にさらすことになりかねません。

今回は、特に赤ちゃんや小さいお子さんをお持ちのママに知ってほしい、カビ肺炎の原因と対策についてご紹介します。

 

■「カビ肺炎」って?

夏型過敏性肺炎は、室内のカビの1種であるトリコスポロンなどへのアレルギー反応から発病する病気。高温多湿になる6~10月に西日本での発生が多い病気で、カビ肺炎とも言われます。

主な症状は咳や発熱、頭痛など、風邪と同じために対応が遅れることが多いのですが、死に至る可能性もある怖い病気です。

発病しやすいのは、体力の落ちたお年寄りや赤ちゃん。普通の大人でも夏になると咳が出るという人は可能性がありますので、注意が必要です。

 

■カビ肺炎を防ぐポイントは「湿度管理」

この病気は、カビが発生しやすい状況になることでリスクが高まるため、とにかく”カビが繁殖しにくい環境”を作ることが大切です。

そもそもカビは、空気中に漂うカビの胞子が一定条件下で発芽することによって生まれますが、ポイントとなるのは“湿度”。

部屋の湿度を60%以下に保つと胞子が発芽しないとされているので、カビの繁殖を防ぐためには湿度の上昇を防ぐ工夫が必要です。洗面所やお風呂などの水場は、湿度が高くなり、カビが繁殖しやすくなる場所。

小さい子どもがいるとなかなか掃除の時間も取れず、洗面器に水を入れたままの状態にしていたり、洗面所の水分を拭き取らずに放置しがちですが、空気中のカビ胞子はどんどんカビに発芽していくので、できるだけ掃除をこまめにするようにしましょう。

 

関連記事

コメント

コメント