読み書きは1日●分まで!子どもの集中力を高める「学習時間の設定法」とは?

立石美津子

子供

84708676

子どもって好きな遊びは延々と集中しているものですが、“一定時間ずっと座って文字の練習をさせる”であったり、“食事を最後まで食べる”といったことは苦手な子が多いです。

ですから子どもに何かをやらせる時ママが一生懸命になって取り組ませる時間が長くなれば長くなるほど、子どもはその課題にクリアできなくなります。

では、どうしたら子どもが少しでも集中して取り組むことができるのでしょう?

そこで、今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が子どもの集中力と学習時間の設定法についてお話ししたいと思います。

 

■上達のコツは「毎日ちょっとずつ」

何事も身に付けるには“継続”と“反復”が必要です。

ママも子どもの頃“明日はテストだから”と一夜漬けで勉強したものは試験が終わった途端、すっかり“忘却の彼方”っていう経験はありませんか?

一時的にたっぷり時間をかけて学習しても継続して反復しない限りは覚えてはいないものです。

これに対して毎日、毎日、短時間でいいのでコツコツと取り組んだものは知らずに身に付くものです。

例えば、子どもに1日1本、1色のクレヨンを与えて「コレは何色かな?」と1週間色を聞いて教えてあげる場合と、1週間に一度、7色入りのクレヨンを渡して「コレは何色?」と順番に聞いていくやり方、どちらの方が子どもは覚えやすいでしょう?

やった総量は同じでも毎日、繰り返し取り組んだ方が学力が付きます。

女の子のママは特にピアノを習わせたいと思っている方がいるかと思います。たいていレッスンは週1回くらいのペースです。少し上達すると来週までの練習曲の課題を与えられたりします。

こんな時、レッスン日の前日や当日の朝にまとめて1時間やる子どもと毎日10分、鍵盤に向かう子どもでは後者の方が上達が早いです。

関連記事

コメント

コメント