天才児のママはココが違った!子どもの才能を「イチ早く見つける」2つの方法

立石美津子

子供

60855112

先日、小学校2年生の男の子が数学検定準1級(高3程度)に合格したというニュースがありましたね。彼は、2歳の頃に数学に興味を持ち、5歳から数検への挑戦を始めたとのこと。こんなスーパーキッズの話を聞くと「もしかしたら、うちの子も……!」なんて、期待をかけてしまうのが親というものですよね。

一方で、「頭の良さは完全に遺伝。うちの子なんてムリムリ」と最初からサジを投げてしまっている人もいることでしょう。でも、子どもの才能は遺伝や親の学歴よりも、幼少期の環境が大きいんですよ。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が、幼少期の段階で子どもの才能に気づく方法についてお話しします。

 

■教師から「腐れ脳ミソ」と罵倒された天才エジソン

発明王エジソンが、子どもの頃は問題児だったという話はあまりにも有名ですよね。

教師が粘土の玉を使って“1+1=2”と教えたところ、エジソンは「2つの粘土玉をくっつけたら、1つの粘土になるから答えは1」と答え、教師から“腐れ脳ミソ”と罵倒されたんだとか。

わが子がこんな様子だと、たいていの親は「どうしてそんなバカなことを言うの!」と叱りつけてしまうところかと思いますが、エジソンの母は違いました。子どもを叱るどころか、学校側の対応について抗議したのです。

これに対し学校側は「そんなに言うなら、お母さんが教えたらいい」と回答したため、それ以降エジソンは母とのマンツーマンで勉強したのです。この母の個人レッスンの結果、エジソンの好奇心はどんどん広がっていき、ついには発明王と呼ばれるまでになったのです。

関連記事

[fbcomments]