妊活カウンセラーが教える!「2人目」に立ちはだかる3つの壁と妊娠への意外なヒントとは

坂本優子

悩み

281215730

そろそろ、2人目が欲しい! 子どもが1歳を超える頃から産後のママの頭には、どこか2人目を意識している人も多いはず。

産後レスにも悩むことなく、コミュニケーションが多い夫婦の場合は、避妊も含めて2人目への話し合いができている夫婦もいますが、2人目を迎えるには、みなさんさまざまな壁を感じているようです。

そこで今日は、元看護師で妊活カウンセラーでもある筆者が、2人目妊活の3つの壁と対策をお伝えします。

 

■1:仕事と育児の両立

最近は、産休をとって職場復帰する女性も増え、女性が子育てをしながら活躍する場面が増えてきました。

それでもマタハラも含めて、なかなか産休育休を心から応援してもらって取得できている人は少ないのが現状です。

多くの働くママから聞かれる言葉は、

「1歳で1度職場復帰をしてから、1年は働いてそれから考えたい。子どもが2歳を迎える頃に2人目を考えてます。」

出産前の妊娠中からこういった計画をされている方も多くいます。

いっぽうで、こんな考えの方。

「最近、職場で続けて産んでいる人がいるから、半年ぐらいで妊娠して、育休が開ける頃にまた産休に入れたら理想。」

ただ、そのママの多くが実際に出産をすると、育児が大変で続けて産むのは体力的に難しく、一旦復帰するという人が多いのが現実のようです。

 

関連記事

コメント

コメント