ワーキングマザーに朗報!ママが働くと「娘は出世し、息子は家族想い」になると判明

平川裕貴

ニュース

158221823

今では女性が仕事をすることも当たり前になり、結婚しても、子供を産んでも仕事を続けたり、出産後に復帰する女性も増えていますよね。

でも、働くママの中には「子どもに負担をかけているのでは?」とか「子どもに辛い思いをさせているのでは?」などと、子どもに対して後ろめたさを感じている人も少なくありません。

今日は、『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』の著者で、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、ママが仕事をしていることで、子どもに与える影響についてお話しします。

 

■母親が仕事をしていた女の子は、収入が多く「出世」する!?

ハーバード・ビジネススクールが、北・南アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ、アジア、中東などの24か国で行った“母親の就労”に関する調査によると、“母親が働いていた女の子は、専業主婦の母親に育てられた女の子よりも、仕事に採用される可能性が高く、また収入も多く、出世する可能性が高い“ということがわかりました。

確かに、女の子は母親を見て育ちます。小さいうちから、おままごとなどで家事や育児のマネをしていますよね。母親が小さい頃から当たり前のように仕事をしていれば、仕事をすることが当然だと思うようになるのは自然な流れなのかもしれませんね。

また、母親が責任ある仕事に就いていれば、母親の仕事への取り組み方を見て学ぶことになるのです。

 

関連記事

[fbcomments]