子どものために言ったつもりでも「子どもの自立」を阻んでいる親のNGフレーズ4つ

立石美津子

子供

254218459 

「子育ての目的は自立」なんてフレーズを耳にしますよね。でも、そもそも“自立”ってなんでしょう? 

自分でなんでも出来るようにすること? 更に“自律”と“自立”の違いなんて言われると、訳がわからなくなってしまいます。

 そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“子どもの自立”について具体的にお話ししたいと思います。

 

■専門家の言うことは難しすぎる

子育てセミナーに行くと専門家がなんだか難しいことをママに話します。

例えばこんな感じ。

・“褒める”ことと“認める”ことの違いとは?

・“自立”と“自律”の違いとは?

・“叱る”と“怒る”の違いとは?

でも、これってまだ生まれて数年しか経っていない小学生のテストで“早い”と“速い”の違いや“温かい”と“暖かい”の違いについて聞かれるひっかけ問題のようなテストをやらされているようなもの。

 3歳児のママはママとなってわずか3年。3歳のママです。そんなママには、ちょっと難しいお題とも言えます。

 

■「今やりたいこと」をやらせていれば自立する

人はこの世に誕生した時点から“死”に向かってカウントダウンしているように、子育ても“いつかママとお別れするため”という側面があります。

でも、万が一ママが事故や病気で子どもが幼い頃に亡くなるような悲しい事態でも起こらない限り、子どもが20歳になって成人するまで子育ては続くと考えれば、まだまだ十分時間はあるのです。

だから、2歳の我が子が公園で友達の輪に入らずに地面の石ころや虫ばかり見て、ママにまとわりついて離れなくとも「社会性が育たないわ」「自立できないわ」なんて思わなくていいんです。

仕事をしている訳ではないのに、まだ0~1歳の子どもに“社会性を育てるため”だけを目的に保育園に入れなくてもいいんです。

子どもには好きなことをやらせ、十分甘えさせてやりましょう。安心感に満ちて「もうお友達がいる砂場に入って行っても大丈夫」と子どもが思えるようになれば、自然とママから離れて遊ぶようになります。

5歳になってママに抱っこされてないと公園で遊べない子なんかいませんから安心してください。

 

関連記事

コメント

コメント