●●しながらしゃべるだけ!ママ必見「子どもの脳が一気に活発になる」親子の会話術

平川裕貴

子供

217925323

親子の楽しい会話は、言葉の発達やコミュニケーション能力を育てるのはもちろん、子どもの脳の発達にとても大きな役割を果たすのをご存じですか?

「私は子どもと沢山コミュニケーションをとっているから大丈夫」と思っているママ、ちょっと待って! その会話、本当に子どもの脳をしっかり使わせていますか?

今日は『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』の著者で、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、“しっかり脳を鍛えられる会話”についてお話します。

 

■「ただしゃべるだけ」では脳は一部分しか活動しない

子どもは思ったことをどんどん話してくれますね。でも子どものおしゃべりをこんな風に聞いていませんか?

子ども:「ママ、今日お弁当全部食べたよ」

ママ:「あらそう、すごいわね」

子ども:「○○ちゃんは残していたんだよ」

ママ:「へーそうなんだ」

子ども:「外遊びの時ね、○○ちゃんとボールで遊んだよ」

ママ:「楽しかったのね」

子どもの言うことをしっかり聞いて褒めていますよね。

でも、実はこれじゃ子どもの脳は、 、論理的な判断、情動のコントロールや、将来の予測や、判断をする働きがある“前頭連合野”の一部分しか活動していないのです。

 

関連記事

コメント

コメント