若さを保つ秘訣は●●を意識!「今スグできるたった2つ」の●●法とは

小泉りさ

美容・健康

もうすぐやってくる本格的な夏! 小さな子どもがいると、一緒にプールや海に入らないといけないため、今までは何とか隠せていたポッコリお腹を人目にさらさなくてはなりません。

という事で、夏に向けてこの時期からダイエットを始めるママも多いと思いますが、肝心な運動となるとついつい億劫になりがちです。

今回は、“家族に自慢できる美ボディを手に入れる方法”を医学博士でもある藤田紘一郎氏の著書『マンガでわかる若返りの科学』を参考にお伝えしていきます。

 

■昔から「若さを保つ手段」として行われてきた禅

男女問わず短時間で効果があるとして、俳優の美木良介さんが考案したロングブレスダイエットを聞いたことや実際にテレビ等で目にされたことがある人も多いかもしれません。

このロングブレス呼吸法は、実は、昔からある“座禅の呼吸法”が元になっている、ということはご存じでしたか?

呼吸をゆっくりして瞑想するやり方は、へそ下あたりにある“丹田”に意識を集中して呼吸を行う方法で、昔から若さを保つ手段として使われてきました。日本には鎌倉時代に中国・韓国を経て伝わり、“禅”となったとのことです。

ヨガや禅宗の座禅は、自分の内面に気付き、精神的に安定して、老いることがなくなるとされています。

人間は1日に2万回の呼吸をしていて、呼吸は体内の60兆個の細胞に生命エネルギーを送り、老廃物を排出する働きをしています。

そして、その呼吸を最も効果的に活用する方法が座禅の呼吸法なのです。

 

関連記事

[fbcomments]