一生消えないの!? 産後に気になる「シミを目立たなくする」ステップ3つ

SUZU

美容・健康

育児にバタバタして、よーく鏡を見てハッとしたことはありませんか? 出産してから、急にシミが目立ってきて気になるようになったママも多いのではないでしょうか。

毎日の育児と家事に追われて、自分のスキンケアをおろそかにしがちですが、シミは一度できるとなかなか消えてくれないもの。

今回は、忙しいママにこそ知ってほしい、産後のシミ対策3つをご紹介します。

 

■産後に気になるシミの元は妊娠中にできている!?

妊娠すると新陳代謝が活発になり、女性ホルモンであるエストロゲンが盛んに分泌されるため、日光に対する過敏性を増加させると考えられています。

そして、もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンがシミの要素を刺激すると、そこからメラニン分泌が促されて、シミだけでなくソバカスや色素沈着を起き、様々な肌トラブルを引き起こすのです。

なのに、妊娠中に増えた女性ホルモンは、出産後に急激に減少するそうです! こうして女性ホルモンのバランスが急激に変化することと、妊娠中にメラニン生成が活性化してできていたシミの元が、慣れない育児や睡眠不足も相まって産後に現れることあります。

また、産後は育児が中心で、ママ自身が自分のことに時間をかけられなくなくなり、十分なスキンケアができなくなることもシミを悪化させる要因となっています。

 

■シミを目立たなくするには「ターンオーバー」を正常化!

シミ対策で重要なキーワードは“肌のターンオーバー”。よく耳にしますよね。

ターンオーバーとは、皮膚が自ら生まれ変わり健康な状態を保つための仕組みで、理想の周期は28日と言われています。

ターンオーバーが正常に行われていれば、メラニンは皮膚表面に押し出され垢とともにはがれ落ちてくれますが、これが正常に働いていないとメラニンが蓄積されシミになってしまうのです。

 

関連記事

コメント

コメント