ベストセラー教育家に聞く!子どもが将来「言い訳をする大人にならないため」の2つの秘訣

立石美津子

子供

職場でこんな光景を見たことはありませんか?

上司:「どうして、期日を守らないんだ」

部下:「でも……昨日、遅くまで飲みに出かけていたもので出来なかったんです」 

注意すると必ず言い訳、“ああ言えばこう言う”というような自分のミスを正当化しようとする自己防衛の強い人っていませんか。こんな大人にならないためにはどうすればいいのでしょう。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が“言い訳をしない大人に育てる秘訣”についてお話します。

 

■「やってしまったこと」は素直に謝らせよう

子どもがよろけた拍子に友達の背中を押してしまいました。友達は押された拍子に転んでしまいました。そんな時に子どもにはなんと言えばいいのでしょうか。

ママ:「お友達を押したらダメでしょ。“ごめんなさい”は?」

子ども:「だって、わざとじゃないもん」

ママ:「あら、そうだったの」

こんな時はどうでしょう。我が子が友達のおもちゃを奪い取りました。

ママ:「お友達のおもちゃ、取ったらダメでしょ」

子ども:「だって、○○ちゃんだって僕の玩具、取ったことあるもん」

一見、理解のあるママの行動ですが、どんな理由があろうと友達が転んでしまった、おもちゃを取ってしまったのは事実でやってはいけないことです。

“○○だから許してやろう”“○○だから仕方がない”で片付けてしまってはなりません。理由はどうであれやってしまったことについてはきちんと「ごめんなさい」と謝らせましょう。

 

関連記事

コメント

コメント