ママをそっくり真似しちゃう!将来「子どもが恥をかく」親のNG言動とは

立石美津子

子供

言葉遣いが悪い親の子どもが丁寧な言葉を使い、挨拶をしない親の子どもが挨拶をするようにはなりません。子どもは親の後姿を見て育つ、と言いますが、まさに子どもは親の鏡です。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が“気をつけたいママの言動”についてお話しします。

 

■どうしたら「自分から挨拶をする子」になる?

集合住宅に住んでいる人の場合、同じマンションの住人とエレベーターで一緒になったときどうしたらいいか迷いますよね。親しくはなく特に名前も知らない相手の場合、こちらから挨拶しようか、黙っていようか戸惑います。

でも“挨拶をする子に育てたい”のならば相手が黙っていても、こちらから「おはようございます」「こんにちは」と挨拶をしましょう。

保育園、幼稚園の送迎時、担任の先生から声をかけられる前に笑顔で元気に「おはようございます」と言いましょう。朝、起きて子どもが黙っていたら「おはよう」とママから声をかけましょう。

当たり前のことですが、そんな親の姿を見て子どもは人に会ったら“自分から挨拶をする子”に育ちます。

 

関連記事

[fbcomments]