高収入の働きママが低収入夫に「あのセリフ」を言わないために必要なこと

芙蓉

家族

186284441

夫婦共稼ぎが当たり前になりつつある昨今。妻の方が夫よりも高収入で社会的立場が上だったり、妻の帰宅時間が夫よりも遅い家庭もあることでしょう。

お互いが納得して役割分担しているならいいのかもしれませんが、「夫の稼ぎが少ないせいで、私はこんなに苦労している」と、不平不満を心に溜め込んでいませんか?

今回は『新・良妻賢母』認定講師の筆者が、頑張りすぎの働きママがストレスから解放されるために必要なことをお話しします。

 

 ■働きママの不満の正体は「不公平感」

世の中にはいろいろなタイプの男性がいますが、そもそも働く意欲があまりないという方もいます。そういうタイプの男性は妻に「お前も仕事をして欲しい」とハッキリ言う傾向にあるようです。

「妻がイキイキと仕事をして輝いていてほしい!」と思っているならいいのですが、自分よりも収入の少ない夫が家事も育児もせずに、妻の収入を当てにしているという状況に陥っている場合は要注意。

フルタイムで働いて、家に帰ったらすぐに家事と子供の世話をして……。忙しい日々の疲れから、働くママは心のコップに少しずつ不満の水を溜めていきます。

その一方で夫は妻が不満を持っているなんて想像すらしていません。「妻はイキイキと働き、妻自身の収入で満足した生活を送っている」と思っているのです。

そういった理由から、自分の収入を遊びや趣味に使う夫を見た妻は「自分は一生懸命働いて家族を養い、家事に育児に大忙しなのに!」と、許せない気持ちになることでしょう。

そして、「夫にもっと収入があったら、こんな苦しい思いをしなくてもいいのに……」と自分ばかりが頑張っている“不公平感”に我慢できなくなってしまうのです。

 

■女性は本来「養ってほしい」もの

本来、女性は男性に対して“守ってほしい”“リーダーシップを取ってほしい”“養って欲しい”という3つの潜在欲求を持っています。これは、いくら社会が変化して、女性が働くことが当たり前な世の中になっても変わらないことなのです。

まだ夫と恋人だった頃、彼の収入の低さなんて気にならなかったのではないでしょうか? 自分も仕事を続けたいし、男性を収入で計るなんて、良くないと思ったかもしれません。

でも、実際子供が生まれて、仕事も家事も子育ても全部やらなくてはいけないとなると、本当に大変ですよね。目の前でのんびりしている夫についイライラして、“言ってはいけないこと”を口走って、関係にヒビが……という夫婦も少なくありません。

 

■「思い切ってやめる」のも一つの手

夫婦の関係に最もヒビを入れてしまうのが、

「アナタの稼ぎが少ないから、私がこんなに働かなくてはいけないのよ!」

と、夫の収入の低さを、直球で指摘するような言葉です。

他の身近な男性の収入を引き合いに出して比べたり、もっと高収入になるように仕事の内容に口出しすることも、夫のプライドを傷つけます。

妻は頑張って欲しいという気持ちからでも、夫には逆効果。無能な男と見下されているように感じて、「妻や家族のために頑張ろう!」とは決して思ってくれません。

「夫にもっと意欲的に仕事をして、家族を養う気概を持ってほしい」と本当に望むなら、“思い切って妻が仕事をやめてみる”という方法があります。

ギャンブル好きで借金癖のあった夫にあえて一家の大黒柱を任せたら、夫が見違えるほどしっかり働くようになった……という実例もあります。最初は生活水準が下がってしまいますが、長い目で見れば夫の収入がその後上がり、妻もストレスから解放され、家族みんなが幸せになれるかもしれません。

 

いかがでしたか?

いきなり専業主婦になることに抵抗がある場合は、せめて“すべての苦労を一人で背負う”と思うような仕事をやめてみてください。

勤務時間や仕事内容を重視して、楽しくできそうな仕事に転職してみるのもいいかもしれませんよ。

【関連記事】

※ ちょっとは手伝ってよ!夫を動かしたい時に効果的な「3つのタイプ別」お願いの仕方

※ ほとんどの人に自覚ナシ!「過保護ママ」が言いがちなNGフレーズ

※ 今、マイナスに見えがちだけど「将来社会に出ると強みになる」我が子の行動4つ

夫婦生活に潤いをもたらす「マシュマロボディ」を手に入れるには?[PR]

今まで使ってた化粧水が合わなくなった!産前産後の肌荒れは●●肌のせい!?[PR]

【姉妹サイト】

●●は小さくすべし!「食費がかさみがちな人」のNG習慣5つ

アレ…意味ない?使い方次第で逆効果になってしまう収納グッズ2つ

【著者略歴】

芙蓉・・・ 「新・良妻賢母」認定講師。結婚から22年。夫からのDV・モラルハラスメントの問題で5年間別居生活を送る。誰もが離婚しかないと思うような状況から、 「新・良妻賢母」の実践により夫婦関係を修復し、新婚の時よりも仲良し夫婦に。その後45歳で自然妊娠し、元気な女の子を出産。上に大学生と高校生の子供 がおり、2男2女の母となる。現在15年ぶりの赤ちゃんの育児を満喫しながら、DV・別居・浮気などに悩む妻向けの講座やカウンセリング『別居・DV・浮気に悩む妻たちへ~愛ある家族になりましょう~』を行っている。

関連記事

[fbcomments]