ママにおすすめ!時間・場所・職種が選べる「在宅ワーク」を成功させる3つの秘訣

tomoko

社会

attractive woman wit laptop at home

一昔前の働く女性にとって“結婚や出産=退職”が一般的でしたが、最近は結婚しても、出産しても、仕事を続ける女性が増えてきました。

でも、子どもを持つママの前には、待機児童問題や職場の理解などの大きな壁が立ちはだかっているので、出産後も働きたくても、会社を辞めざるを得ないケースも多いのです。

そうした問題に直面したら、“会社に勤めない働き方”を考えてみませんか?

今回は、ママが時間や場所にとらわれずに働く方法についてお話します。

 

■「働き方を変えたい」と思ったきっかけは?

正社員として会社に勤める、フリーランスとして事業を行う、空いている時間でアルバイトをする……などなど、一口に“働く”と言っても、その方法はさまざまです。

フリーキャリア総研が働き方について男女720人に調査したところ、「働き方を変えようと思ったことがある」と回答した人は51%にのぼりました。さらに、「働き方を変えようと思った“きっかけ”」を聞いたところ……

1位:会社に不満があった

2位:心機一転したくて

3位:病気になった

4位:子どもが生まれた

5位:結婚した

という結果になりました。

回答者の男女比は50:50なのですが、4位の「子どもが生まれた」、5位の「結婚した」と答えた方のほとんどが女性だったことでしょう。また、1位の「会社に対する不満」の中には、産後に職場復帰したけれど、ワーママへの理解がない職場だったという不満も含まれているかもしれません。

女性が出産後、育児をしながらイキイキと働ける方法はないのでしょうか?

 

■時間も、場所も、職種も選べる「在宅ワーク」

同調査では、「働き方を変えることを“行動”に移しましたか?」という質問に対して、「行動した」と答えたのはわずか35%でした。

会社勤めの方は特に、今までと異なる働き方をするためには、勇気も労力も必要になるので、働き方を変えることはちょっとハードルが高いですよね。

しかし、自由な時間帯に働けること、子供の病気や学校行事などに臨機応変に対応できることなど、ママにとって働きやすい仕事を考えてみると、“家で働く”という手段が思い浮かびます。

「会社員から、いきなりフリーランスになることは大変!」という方は、できることから始められる“在宅ワーク”はいかがでしょうか。

かつての在宅ワークは、ボールペンを1つ組み立てて数円といったような、低賃金で誰でもできる、いわゆる“内職作業”がほとんどでしたが、インターネットのおかげで在宅ワークの選択肢はかなり増えています。

フリーランスの労働力を求める企業と、在宅で働きたい人のマッチングサービスを提供する“クラウドソーシング”では、自分のスキルをサイトへ登録して仕事の依頼を受けたり、ネット上で営業活動をすることができます。

筆者のようなライター業も、在宅ワークのひとつ。家事・育児をしながら、自分の能力を活かした仕事ができるため、ママにとっては本当におすすめの働き方です。

 

■「在宅ワーク」を成功させる3つの秘訣

在宅ワークは時間も場所も自由な反面、成功させるには気をつけなければならないことがあります。

(1)働く時間帯を決める

家での作業はついダラダラしてしまいがち。「10時から14時までは仕事タイム!」と、自分の中で決めましょう。

(2)誘惑に負けない!

家にはテレビに雑誌、気持ちのいいソファも手の届くところにあります。仕事時間はあらゆる誘惑に負けない強い意志と自己管理が必要です!

(3)コミュニケーションを大切に

どの職場でもコミュニケーションは大切ですが、在宅ワークの場合、コミュニケーションをとるのは仕事を発注してくれるクライアントです。直接顔を合わせる機会がほとんどないからこそ、連絡を密にとり、確認を細めに行いながら信頼関係を築きましょう。

 

いかがでしたか?

在宅ワークは、オンとオフのけじめをいかにつけるかがポイント。しっかりと自己管理することで、時間や人間関係に捕らわれにくい、自由な働き方が叶えられます。

働き方を変えようと思っている方は、ぜひ一度検討してみてくださいね。

【関連記事】

※ 「育児ブランク」が長くなる前にアクションを!希望通りの仕事を探す3つの方法

※ ブランクがバレバレ!「仕事復帰したママ」が忘れていがちなビジネスマナー4つ

※ 「引っ込み思案」はママのせい!? 消極的な子を上手に育てる2つの方法

※ 夫の言動にカチンときても絶対ストレスをためない「黄金の口癖」

※ 敏感肌の赤ちゃんに優しさを。ベビー服の上手な洗濯コツ3つ[PR]

【姉妹サイト】

※ あんなところやこんなところにも使える!超優秀100円グッズ活用法

※ 毎月給料日前ピンチな人は要確認!家計のムダをみつける2つの方法

【参考】

5人のうち1人が働き方を働き方を変えるために”ネット副業”をしたいと考える ― フリーキャリア総研

【著者略歴】

tomoko・・・福岡在住のママ取材ライター。小学二年生の自由すぎる娘に翻弄されつつも、ライター・論文添削員として活動中。子育てに等に関することだけでなく、自分らしさを大切にするママに求められる情報を発信していきます。

関連記事

[fbcomments]