兄弟で全く性格が違う!? 「子どもの4つの気質」を知ればママが楽になる理由

SUZU

子供

105128015

お子さんがもっている“気質”について考えたことはありますか?

赤ちゃんの頃は、夜泣きやおっぱい事情、離乳食の進め方などに個人差はあれど、どのママも悩みの多くは共有でき、互いに参考にし合ったものですが、成長するにつれ、よその家の話があまり参考にならないと感じることが増えてきたのではないでしょうか。

「自分の子の言動が理解できない」「どう接して良いかわからない」そんなふうに思った時は、お子さんの”気質”を理解することが解決の糸口になるかもしれません。

今回は、子育てが一変する子どもの4つの気質とタイプ別の接し方をご紹介します。

 

■話題の「シュタイナー教育」から学ぶ4つの気質

シュタイナー教育は、ルドルフ・シュタイナーが1919年にドイツで始めた教育実践。

最近ではシュタイナー教育を掲げる幼稚園・学校も増えており、俳優の斎藤工さんがシュタイナー教育の小学校に通っていたことも話題になりました。

この教育法には子育てに役立つ考え方が多くありますが、今回ご紹介するのは人の性格を4つの気質で理解するというもの。

 シュタイナーは、気質は人間が生まれながらに持っている個性と親からの遺伝との混合によって作られると考え、その上で気質を4つのタイプに分けました。

どれか一つだけに当てはまるということではなく、人によって4つの気質の強弱が異なり、そのバランスの違いがその人の性格を形作っているとされています。また、どの気質が強く出るかは年齢や環境によって変化していくとも言われています。

 

(1) 怒りっぽい・・・胆汁質

火の性格とも言われ、自己主張がはっきりした意志が強い性格。

怒りっぽく、些細なことで周りと衝突を起こすことも多いです。

この気質のこどもには困難が必要であるため、少しハードルの高い課題を与えましょう。簡単な課題を与えると自信過剰になってしまいます。

また、近くに尊敬できる人が居ることも大切で、親や教師は権威者であり弱点を見せてはいけないと言われています。

ライバルや競争が生きる糧になるタイプです。

 

(2)飽きっぽい・・・多血質

風の性格とも言われ、楽天的・肯定的で、人当たりも良くやさしい性格。

色々なものに興味を持ち理解力も想像力も豊かですが、ひとつのことに長い間集中できません。

せかせかしているので、遊ぶ時は大人が少しゆっくりめにこどもを導いてあげたり、ひとつの遊びに変化をつけながらその遊びを続けさせるようにしてみてください。

 

(3)のんびり・・・粘液質

水の性格とも言われ、休む、食べる、寝る、が大好きなおっとりした性格。

一度やり始めると長続きし、時間はかかっても指示されたことを正確にこなそうとします。

ただし、放っておいて欲しい性格なので、大人は気付かないふりをしながら刺激を与えましょう。

「◯◯したら?」と言うのではなく、気づいたことをただ独り言のように口にすれば、こどもは自分自身で気づきます。

 

(4)生真面目・・・憂鬱質

土の性格とも言われ、物事を暗く悲観的に考える癖があり非社交的な性格。

敏感で傷つきやすいですが、真剣に考え同情できることが長所です。

こども扱いせず、親が経験した辛い体験、悲しい体験を話してあげることで共感してくれます。

無理に娯楽で楽しませようとすると失敗するので気をつけてください。

 

■幼児期のベースは「多血傾向」

シュタイナーは、幼児期までのこどもはまだはっきりとした個人の気質が現れていない時期であり、ひとつの気質には決められないとしています。

たいていの場合幼児は多血傾向にあると言われているため、多血傾向をベースとして、プラス我が子はどんな気質が強いのかを見極めて対処してみてください。

 

いかがでしたか?

兄弟で全く性格が違う場合も、気質の違いが影響しているかもしれませんよ。最近こどもとのコミュニケーションがうまくいかないと悩んでいたママは、ぜひ気質を考慮した対応を試してみてくださいね。

 【関連記事】

※ 4児のママが実践する「兄弟ケンカが勃発したとき」の親の対応4パターン

※ 「ママ転んだ~」子どもの擦り傷なにで治してる?キレイに治すコツはアノ日用品!?

※ 子ども中心になっているママ必見!「妻に言いたいけど言えない」夫の本音3選

※ スキンシップ離れの夫でも触りたくなる!妻の最強モテ仕草6つ

敏感肌の赤ちゃんに優しさを。ベビー服の上手な洗濯コツ3つ[PR]

【姉妹サイト】

※ ●●は小さくすべし!「食費がかさみがちな人」のNG習慣5つ

※ アレ…意味ない?使い方次第で逆効果になってしまう収納グッズ2つ

【参考】

ヘルムート・エラー(2005)『4つの気質と個性のしくみ』

関連記事

[fbcomments]