「気合い」にかつ丼は逆効果だった!? 勝負事の前に食べたいパワーのでる食事とは?

Yuno

ニュース

225593449

試験や試合の前日だったり、夫のプレゼンや大事な交渉など特別な勝負事がある前日にお母さんが元気づけに、かつ丼・ハンバーグ・焼肉などエネルギーが出そうなものを食べさせる習慣がありますが、実はこれは間違いということをご存じですか?

何故NGなのか? こんな時どんなものを食べさせるべきなのか?

今日はいざという時に間違ったものを作らないために、ヨガインストラクターでアーユルヴェーダアドバイザーの筆者が活力を出す食事と消化の関係についてお話します。

 

■お肉を消化するまでにはとんでもない時間がかかる!?

アーユルヴェーダでは、お肉・魚を完全に消化して栄養素になるまでには3週間ほどかかると言われています。

それほどお肉・魚は重い性質の食べ物なのです。

例えば試験・試合の前日の夕食としてかつ丼などを食べさせた場合、まだ15時間ほどしかたたないうちに活力を出す時間になるはずですね? ですが残念ながらまだまだ消化に時間を費やしている段階なのでパワーの源にはならないのです。

むしろ消化に時間がかかる食べ物を食べると、身体も重くなってしまいますので、活力どころか日頃よりもパワーダウンしてしまうリスクも高いと考えられます。

また、活力のためにはもちろん睡眠も大切です。良い睡眠のためにも消化に良い食べ物のほうがベストです! 重く消化の悪いものを食べると翌日になってもなんだかパッと目覚めることができず、1日中眠く怠い状態に陥ってしまう可能性があります。

 

■活力を出すための食事とは?

私たち日本人のエネルギーの源とも言えるお米にはパワーを出す要素が豊富です! ですがコンビニのおにぎり・お弁当では出来上がってから時間がたっていますのであまりパワーにはなりません。

アーユルヴェーダでは調理して3時間以上たったものは毒になるという考えがありますので、ぜひとも食事出すタイミングで炊き上がるようにセットしておきましょう。

また消化を良くするためには身体を冷やす冷たいものは避けたいもの。野菜はサラダではなく温野菜が良いでしょう。豆と野菜を一緒に煮込んだスープも簡単に栄養を摂れるのでおすすめです。

また、牛・豚はアーユルヴェーダでは鶏よりも重い性質とされているため、お肉を食べる場合は鶏肉を蒸したりした軽いものにしましょう。

朝食では活力のための必須アイテムで、過去の記事『実はゴマ油の摂りすぎは不調の原因にも…!? 万能オイル「ギー」が今おススメな理由』でご紹介した“ギー”を塗ったトーストも手軽に食べれて、パワーが出るのでおススメです。

 

いかがでしたか?

今日ご紹介した内容を参考に、パパの大事な勝負事には真のパワーが出る食事を作ってみてはいかがでしょうか?

また、2,3分で良いので、朝起きたら楽に座って目を閉じ深く呼吸をし、瞑想をすることもおススメです。ここで短時間座って自分の内側に意識を向けるだけで1日中溢れるパワーと集中力を保てるようになるので、育児もパワフルにこなせるかもしれませんよ! できたら日々の習慣にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 実はゴマ油の摂りすぎは不調の原因にも…!? 万能オイル「ギー」が今おススメな理由

※ 妊娠中に食べると「赤ちゃんが健康になるもの」トップ10

※ インド伝統医学のアーユルヴェーダで診る!「生まれ持った体質」で選ぶ子育て法とは?

※ 叩いちゃダメ!今までの常識を覆す最新の「布団ケア事情」とは

※ 敏感肌の赤ちゃんに優しさを。ベビー服の上手な洗濯コツ3つ

【姉妹サイト】

※ あんなところやこんなところにも使える!超優秀100円グッズ活用法

※ 毎月給料日前ピンチな人は要確認!家計のムダをみつける2つの方法

【参考】

田島恭子(2013)『三栄ムック 女性機能を高めるアーユルヴェーダ式家庭料理』(三栄書房)

【著者略歴】

Yuno・・・ヨガとアーユルヴェーダを専門とし、自身のスタジオWindhillを2015年港区白金台に設立。また今年出産を迎える1人のママとして、特に最近は妊婦や産後の身体についてを中心に学びを深める。

関連記事

[fbcomments]