初めての妊娠!「マタニティブルーとは無縁」の幸せな夫婦時間を過ごす秘訣

伊藤 優子

プレママ

結婚後、やっと自分たちのところに来てくれた待望の赤ちゃん。あなたにとっても夫婦にとってもとても大切で、何があっても守りたい特別な存在なはず。

けれど、体のホルモンの変化もあり、マタニティブルーに陥ってしまう人もいます。そんな時に、一番近くで支えてほしい旦那さまに対してストレスを感じてしますケースも多いようです。

今日は、元看護師でマタニティケアの講師でもある筆者が、夫婦で幸せにマタニティライフを過ごす秘訣についてお話しします。

 

■初めての妊娠!妻と夫の「受け止め方」の違い

まず妊娠が分かるのと同時に、多くの女性はつわりの症状が始まり、何をやっても体が重たかったり、食事の準備や家事がなかなか思い通りにできなくなる人もいます。そんな妻の変化に戸惑い、どう声をかけていいのか悩む男性が多いかもしれません。

女性も自分に余裕がなくなると、「お皿ぐらい洗ってよ」「掃除機ぐらいかけてくれてもいいのに」と不満が出てくるかもしれませんが、男性は女性と違って、なかなかやって欲しいと思っていることに気づかず、不機嫌になっていく妻にオロオロしてしまうことがあります。

 

■やってはならない夫のNG態度とは

そんな中、昔から言われている“妊娠は病気ではない”という感情や、ママが元気になってくれたらという思いから、「少し動いたら、気分転換になるんじゃない?」などの言葉をかけてくれる旦那さまもいますが、ただでさえ動くのがつらくなっている女性にとっては、それが突き放されているように感じてしまうことも多く、自分を追いつめてしまうケースもあります。

また、妊娠により夫婦の営みを控えるケースも多いのですが、中には、「もう私は女性として見られていないの?」と、ママになることへの不安と共に、夫婦としての関係に悩んでしまう人もいます。

旦那さまは誰よりもママと赤ちゃんのことを思って行動しているのですが、思っているほど相手に気持ちが伝わっていません。

 

■幸せなマタニティライフを送るための魔法のフレーズ

夫婦で幸せなマタニティライフを送るためには、分かってほしいと思う気持ちを“相手目線”に変えることです。そして思っていること、やって欲しいことはきちんと言葉で相手に伝えていくことが大切です。

「あなたが忙しいことは分かってるけど、今は思うように体が動かないから、お皿洗いをお願いしていい?」

「お腹の赤ちゃんを心配してくれているかもしれないけど、病院の先生は夜も楽しんでいいって言ってくれたよ!」

そうやって、あなたが笑顔で旦那様に伝えてみるのはいかがでしょうか。

 

いかがでしたか?

妊娠という体の変化だけでなく、大切な赤ちゃんを迎える中で、夫婦の中にも大きな変化が訪れますが、それは新しい家族の形を作っていく第一歩です。

近い人だからこそ、どこか人は分かってくれていると思いがちですが、本当は一番言葉で伝えていかなければいけないのは家族なのかもしれません。

気持ちは、自分の中に閉まってばかりではなく、言葉という魔法のコミュニケーションに変換して、沢山の幸せなマタニティライフを過ごしてくださいね。

 

【関連記事】

※ 原因はママがほとんど!? 夫からの「お誘いを復活させる」魔法のフレーズとは

※ 妊娠中に食べると「赤ちゃんが健康になるもの」トップ10

※ 判明!「おっぱいを3歳以上まで続ける」とアノ病気の発生率が低下する

※ 敏感肌の赤ちゃんに優しさを。ベビー服の上手な洗濯コツ3つ

※ 叩いちゃダメ!今までの常識を覆す最新の「布団ケア事情」とは

【姉妹サイト】

※ アレ…意味ない?使い方次第で逆効果になってしまう収納グッズ2つ

※ ●●は小さくすべし!「食費がかさみがちな人」のNG習慣5つ

【著者略歴】

坂本優子・・・元看護師、妊活カウンセラー。2013年10月からカウンセラー活動を開始し、14名の妊娠実績。産婦人科での勤務経験、娘を重症仮死出産した経験を生かし、マタニティケア、マタニティセラピスト育成講座も開講。著書に『半年以内にママになる妊娠セラピー~ママになるための12のレシピ~/坂本優子』(Kindle版)

関連記事

[fbcomments]