こんな妻が「産後クライシス」を引き起こす!? 夫婦関係が悪化しやすい妻の特徴3つ

芙蓉

It Mama

210366232

可愛いベビーの誕生……それは、夫婦にとって人生で一番ハッピーな出来事のはずなのに、それをきっかけに夫婦仲が険悪になってしまうことがあります。最近「産後クライシス」と言われ、話題になることが増えました。

赤ちゃんが生まれることによって、ママの体や心、生活パターンは大きく変わり、24時間休みなしの生活がスタートするのです。それに対し、パパのライフスタイルは、そこまでの変化はありません。この温度差に夫婦仲を悪化させる原因があると言われています。

今回は、『新・良妻賢母認定講師』の筆者が、産後クライシスになりやすい妻の特徴と、産後も二人の関係を良好に保つポイントを提案したいと思います。

 

産後クライシスになりやすい妻のタイプ

(1)実家に依存する妻

産後赤ちゃんの世話が大変だからと言って、実家に帰りっぱなしの妻は要注意です。

体調がすぐれない時に、気兼ねのいらない親に甘えることは悪いことではないですし、育児の相談が出来る先輩が身近にいることは望ましいです。でも、家事のすべてを母親に頼り、実家に入り浸るのはどうでしょうか?

夫は子どもの夜泣きで眠れないなどの悩みから解放され楽になりますが、それでは父親としての自覚がいつまでたっても育たなくなります。

実家から妻が帰ってみると、家は荒れ放題。飲み会や友達と遊び放題していた夫と大喧嘩になったり、最悪は浮気をしていたというケースも。

生まれて来たのは二人の子供です。大変でも、二人で試行錯誤しながら育てて行くことに意味があります。親は最初から親なのではなく、育てることによって親に成長するのです。話し合いをして、お互いをいたわり合いながら、赤ちゃんのいる生活を作り上げるプロセスを大切にしたいですね。

 

(2)夫に完璧なイクメンを期待する妻

“イクメン”という言葉が一般的になってはいますが、イクメン人口はまだまだそんなに多くはありません。家事や育児が得意な男性が増えて来てはいても、相変わらず苦手とする男性の方が多数派です。

実際、30~40代の男性は社会的にも非常に厳しいポジションで働いている場合が多く、家事や育児を手伝いたい気持ちはあっても、早く帰宅するのは難しい。家に帰ると体がクタクタ……というのが本音かも知れません。

「私だって育児でヘトヘト」「昼間はずっと私が面倒見ているんだから、夜は夫が赤ちゃんの世話をして当然でしょう?」こんな風に夫にイクメンを期待しすぎると、夫が妻の期待に添えない時にケンカが起こります。

夫は夫で精一杯やっているつもりなのに、「やり方が悪い」「もっと丁寧にやって」などダメ出しをするのも、夫婦仲を険悪にしてしまうNG行動ですね。

 

(3)PMS(月経前症候群)の傾向がある場合

産後クライシスの大きな原因の一つとして、ママのホルモンバランスの乱れというものがあります。“産後うつ”という言葉もよく聞かれるようになりましたが、出産後のママの心は非常にデリケート。

普段は何でもないようなことにショックを受けて涙が止まらなくなったり、反対に攻撃的になって、怒りをコントロール出来なくなる場合もあります。一過性のものは誰でも経験します。ところが、感情の起伏が激しい状態が長引き、夫婦関係に決定的な亀裂を生んでしまうこともあるんですね。

PMS(月経前症候群)の傾向のある人は、産後生理が再開したら特に注意が必要です。夫はホルモンバランスが乱れているせいだとは理解できずに、「こんな妻とはもうやって行けない」と離婚を考える深刻な事態に発展しかねません。

 

いかがでしたか?

産後クライシスを回避するためには、出産前に夫婦でよく赤ちゃんのいる生活をシミュレーションしておくことが大事だと思います。

「週末には1時間だけでもパパが赤ちゃんの面倒を見る時間を作る」など、ママのストレス解消法をあらかじめ考えておくのもいいかも知れません。家事分担を出産前から始めておくのもいいですね。体調や心の面で変化があることを夫に詳しく説明して、理解して貰うのも忘れないようにしましょう。

もしもうまく行かないことがあっても、相手を責め過ぎないようにすること。お互い完璧を求め合わないように約束して、家族の時間をなるべく穏やかにリラックス出来るよう工夫して下さいね!

【関連記事】

※ 「里帰り出産」が関係悪化のきっかけに!? ストレスになる実母のタイプ2つ

※ 3歳までが勝負!ママが毎日すると「自信がある子」に育つ2つのコトとは

※ 四児を育てて気づいた!「トレーニングカップ」を使わない方が良い4つの理由

※ 賢い主婦はもう使っている!上手に節約できる格安スマホ術

※ ららぽーと新三郷・イケア・コストコで楽しむ、終日ショッピングコース!

【姉妹サイト】

※ あんなところやこんなところにも使える!超優秀100円グッズ活用法

※ 毎月給料日前ピンチな人は要確認!家計のムダをみつける2つの方法

【著者略歴】

芙蓉・・・ 「新・良妻賢母」認定講師。結婚から22年。夫からのDV・モラルハラスメントの問題で5年間別居生活を送る。誰もが離婚しかないと思うような状況から、 「新・良妻賢母」の実践により夫婦関係を修復し、新婚の時よりも仲良し夫婦に。その後45歳で自然妊娠し、元気な女の子を出産。上に大学生と高校生の子供 がおり、2男2女の母となる。現在15年ぶりの赤ちゃんの育児を満喫しながら、DV・別居・浮気などに悩む妻向けの講座やカウンセリング『別居・DV・浮気に悩む妻たちへ~愛ある家族になりましょう~』を行っている。

関連記事

[fbcomments]