通用するのはママ友の世界だけ!? 呼び方に違和感を感じる「○○ちゃんママ」

立石美津子

It Mama

保育園、幼稚園で“○○ちゃんママ”という呼び方。ドラマ『マザー・ゲーム~彼女たちの階級』や『名前をなくした女神』で耳にするだけでなく、当たり前のように飛び交っていませんか。

これを嬉しいと感じる人、不愉快に感じる人、何も感じない人と様々です。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子がママ友の呼び方についてお話しします。

 

■「○○ちゃんママ」と呼ばれて嬉しい?

“○○ちゃんママ”と呼ばれて個人として見てくれていないから不愉快と感じる人がいます。反対に“○○さん”と苗字で呼ばれれば、よそよそしさを感じてしまう人もいます。

また、所詮保育園・幼稚園内の親関係は“友達ではなく子どもを介しての友達だから○○ちゃんママでいい”とドライに割り切っている人もいます。

中には“ママ友は子どもがいるから仕方がない繋がり、ママ友ごときに友人ヅラされたくない”とまで一線を引いて拒んでいる人もいます。

人それぞれ考え方があります。当然のように使うのではなく、相手の様子を観察してから呼ぶといいかもしれません。

 

■○○ママでも「苗字」は把握しておこう

“○○ママ”と呼び合っていると“いざその人の苗字が頭に浮かばない”ことってありませんか?

今さら「名前なんだっけ?」と聞くのは失礼……。

そうなると「ほら、あの太ったママ、上の名前なんだっけ」「いつもお迎えに遅れてくるあのちょっとルーズなママ、誰だっけ?」「あの派手なママ、誰だっけ?」と外見を説明して周りに聞いて回るなんてことにも。

もし、今さら本人に聞けず、さらに周りのママからの情報を得られなかった保育園・幼稚園の下駄箱やロッカーを覗いてみましょう。「ありさ」「こうた」など下の名前だけだと同名もいるのでフルネームで書いてあることも多いです。

 

■保育士に「お母さん、お母さん」と呼ばれて!

保育士から「お母さん、お母さん」と言われることもあります。

あるママが近所のスーパーで若い男性保育士にばったり遭遇しました。 混み合う店内で「お母さん、お母さん」と大声で呼び止められ、見知らぬ買い物客から実の親だと思われ「私ってそんなに老けて見えるのかしら!?」とショックを受けたそうです。

そのママは「いくら高齢出産だからって、そりゃないでしょ!」と心の中で叫びました。

○○ママやお母さんと呼ぶのは一種の業界用語的なもの。一歩外へ出ると周りの人は違和感を持って聞いていることもあります。自分の親でもないのに「お母さん、お母さん」と声をかけたこの保育士の言葉もそうですよね。場に応じて賢く使い分けましょう。

 

いかがでしたか?

言い方のルールを決める必要はありません。最初は親しくないうちは子どもを通しての繋がりで習い事やお弁当のメニュー、評判の小児科など日頃の生活会話が中心になりますので“○○ちゃんママ”の呼び方になることもあるでしょう。

でも、互いの家を行き来するようになりだんだんと親密になって夫や姑のことなど、プライベートなことまで話す仲になった段階で“さん付け”や“愛称”で呼び合うのは良んでみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

絶対にやめて!どんどん子どもの行儀が悪くなる親のNG行動5つ

3歳までが勝負!ママが毎日すると「自信がある子」に育つ2つのコトとは

※ ルーズにしちゃダメ!「初めて子どもに習い事」をさせるときに守るべき3つのルール  

※ ママお仕事行かないで~!」保育園で子どもを大泣きさせる親のNG態度3つ

※ 叩いちゃダメ!今までの常識を覆す最新の「布団ケア事情」とは

【姉妹サイト】

※ 実はアレも「医療費控除」の対象!残しとかないと損するレシートって?

※ 子供の入学や就職などの「突然の出費」に備えるには?

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

関連記事

[fbcomments]