過去に「●●な恋」にハマった経験アリは要注意!DV被害に遭いやすい妻のタイプ3つ

芙蓉

家族

「DVなんて、テレビや映画の中の出来事でしょ?」と、DVを自分とは関係のない遠い世界のことだと思い込んでいませんか?

女性に暴力を振るう男性というと、無職で昼間から飲んでいるようなどうしようもない男のイメージがあるかも知れませんが、現実はそうではありません。普通の会社員、公務員、医師など社会的に立場のある人が、家に帰って妻を日常的に殴っているということも珍しくないのです。

「結婚前はあんなに優しかったのに、どうして…?」となる前に、夫との関係を見直しておくことが大切です。

今日は『新・良妻賢母』認定講師の筆者が、DV被害に遭いやすい妻の3つのタイプと、DVにならない為に妻が気を付けるべきことをアドバイスします!

 

■DVに遭いやすい妻のタイプ3つ

(1)「尽くす」タイプの妻

夫の為に何でもやってあげたい!という“尽くす”タイプの妻は注意が必要です。見返りを期待しないで尽くしているのならいいのですが、大概このタイプの女性の心の中には「認めてもらいたい」という強い欲求が隠れています。

男性は女性に尽くされると、だんだんとそれが当たり前になり、“もっとこうして欲しい。もっと言うことを聞け”とエスカレートするものです。いくら頑張って彼の為にやってあげても、思うような反応が返って来ない。

妻が限界に達して「もう無理!」と悲鳴を上げた時、DVになる可能性が高くなります。

(2)「道ならぬ恋」の経験者

DVと不倫は無関係に思われるかもしれませんが、夫にDVを受ける妻が“結婚前に既婚者と付き合っていた”という女性が多いというデータがあります。奥さんのいる人を好きになって辛い思いをして、やっと結婚して幸せをつかんだのに、今度はDV。

筆者のところにもそんな相談が数多く寄せられました。もしもあなたが過去に“道ならぬ恋”にハマった経験があるのなら、今の結婚生活に特別な注意が必要かもしれません。

(3)育った家庭にDVがあった

父親が母親に暴力を振るう姿を見て育った子どもは、大人になって結婚するとDV家庭になる可能性が高くなります。いわゆる“連鎖”と呼ばれるものですね。

「絶対に父親のような男とは結婚したくない」そう思って相手を選んで成功する人ももちろんいるのですが、「やっぱりどこか父親に似ている人を引き寄せてしまった」という場合もあります。家庭の中に暴力があることに慣れてしまっていて、その異常さに気付きにくいということもあるかも知れません。

 

■DVに遭いやすい共通点は「自己評価が低い」

3つのタイプに共通して言えることは、“自己評価が低い”という点です。尽くす妻は、“相手の役に立つ自分でなければ、愛される資格がない”と思い込んでいるんですね。既婚者と恋愛するというのも、無意識に自分を安売りしている可能性があります。

また、DVのある家庭に育つと、親の歪んだ価値観を当たり前のものとして受け継いでしまうことになります。

頭では「暴力はイヤだ!」とわかっていても「自分も人も大切にする」という一番大切な価値観を全く学べないまま成長してしまい、気が付けば自分もDVの被害者になってしまっていた……ということになりかねません。

こうならない為に必要なことは、“健全な自己評価を持つ”こと。そのままの自分で充分に価値があり、愛される資格があることに気付きましょう。

 

いかがでしたか?

夫に暴力を振るわれる妻は、“こんなに頑張っているのに、夫は全然わかってくれない”と思いがちです。夫に認めて欲しい・愛して欲しいと暴力に耐えたり許したりすることによって、夫の愛を引き出そうとします。

暴力を振るう夫側もまた、「俺のことをバカにしやがって!」と自己評価の低さに苦しんでいます。お互いの満たされない心を満たすために愛を奪い合う……その結果として、DVが起こるんです。

まずは、自分で自分に優しく出来ているかをチェックしてみましょう。我慢や忍耐は愛ではありません。ありのままの今のあなたで、充分に価値があるということを知っておいてくださいね!

 

【関連記事】

※ 夫婦関係ギクシャクしてない?夫の自尊心を倍増させる魔法のフレーズとは

※ これでヤバさが丸分かり!? 夫婦カウンセラーが伝授!「夫婦の危険度チェック10項目」

休暇中こそ気をつけて!「妻をどんどん不機嫌にする」夫のNG行動パターン3つとその対処法

※ 叩いちゃダメ!今までの常識を覆す最新の「布団ケア事情」とは

※ 賢い主婦はもう使っている!上手に節約できる格安スマホ術

【姉妹サイト】

※ 実はアレも「医療費控除」の対象!残しとかないと損するレシートって?

※ 子供の入学や就職などの「突然の出費」に備えるには?

【著者略歴】

芙蓉・・・ 「新・良妻賢母」認定講師。結婚から22年。夫からのDV・モラルハラスメントの問題で5年間別居生活を送る。誰もが離婚しかないと思うような状況から、 「新・良妻賢母」の実践により夫婦関係を修復し、新婚の時よりも仲良し夫婦に。その後45歳で自然妊娠し、元気な女の子を出産。上に大学生と高校生の子供 がおり、2男2女の母となる。現在15年ぶりの赤ちゃんの育児を満喫しながら、DV・別居・浮気などに悩む妻向けの講座やカウンセリング『別居・DV・浮気に悩む妻たちへ~愛ある家族になりましょう~』を行っている。

関連記事

[fbcomments]