責任放棄はダメ!「子どもの迷惑行為」で周りから反感を買いがちな親のNG態度とは

平川裕貴

子供

スーパーやデパートで「これを買って!」と泣き叫ぶ子。電車の中で椅子に上がって大声で遊ぶ子。公共の場や人ごみで走り回る子。

そんな時、親はきっと「穴があったら入りたい!」と思っていることでしょう。

今日は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、子どもの迷惑行為に対する親のNG態度についてお話します。

 

■子どもの迷惑行為。「うるさいなあ」と思われているの?

子どもがスーパーで大声でごねていたり、バスや電車の中で騒いだり、駅やレストランで走り回っている時、周りの大人達は、心の中で「うるさいなあ」と思っているかもしれません。

自分に子どもや孫がいても、実際自分のそばでよその子どもに大騒ぎされると「子どもらしくていい」などと好意的に受け取ってもらえないことも多いのです。もちろん、周りの人達もわかっているのです。

子どもはやんちゃだし、まだ社会のルールもわかっていないのだから仕方ないと。

では、人は、いったい何に腹を立てるでしょうか?

 

■子どもではなく「親」を見て腹を立ててる!?

 子どもが迷惑行為をしている時に、親がまったく知らん顔をして注意もしなかったら、周りの人達はどう思うでしょうか?

そうなのです、親としての責任を果たしていないということに腹を立てるのです。どうせ言っても子どもは自分の言うことを聞いてくれないから、などと諦めないでくださいね。

子どもはそう簡単にスンナリとは言うことを聞きません。だからって、親としての責任を放棄してしまったらダメなのです。何度も何度も言い続けなくてはなりません。言い続けることが大切なのです。

 

■多くの人は「子どもの迷惑行為」を許せる!?

子どもが騒いている時、周りの人達は、無意識にその子の親を探しています。

そして、思うのです「親は何をしているんだ!」と。

子どもは社会のルールをまだ知らないし、公共の場でどう振る舞えばいいのかもわからない。また、子どもは自分の欲望をコントロールする力もまだついていないのです。ですから、周りの人達は、子どものことは許せるのです。

教えてもらっていないのですから、わからなくて当然ですよね。

 

いかがでしたか?

どんなに「穴があったら入りたい!」と思っても逃げ出したらダメですよ。

「ここでは走ったらダメなの」「大声を出したらみんなの迷惑だからやめてね」ときちんと教えてあげてください。

子どもが言うことを聞かなくても、親が一生懸命注意をしていたら、周りの人達も「子育ては大変だな」と理解を示してくれますよ。

 

【関連記事】

 3歳までが勝負!ママが毎日すると「自信がある子」に育つ2つのコトとは

※ 「心がポキッと折れてしまう」精神力の弱い子に育つ親のNGワード3つ

※ 全然伝わっていなかった!子どもが「理解できないNGな叱り方」2つの法則

※ 「2人目の壁」にぶち当たる夫婦は●割以上!夫婦で乗り越える大切なコトとは

※ 叩いちゃダメ!今までの常識を覆す最新の「布団ケア事情」とは

【姉妹サイト】

※ 実はアレも「医療費控除」の対象!残しとかないと損するレシートって?

※ 子供の入学や就職などの「突然の出費」に備えるには?

【参考】

平川裕貴(2014)『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)

 

【著者略歴】

※ 平川裕貴・・・専門家ライター。日本航空国際線CA、外資系英語スクールを経て、1988年に子供英会話教室設立。30年以上に亘り子供英語教育に携わり、現在3~6歳までの子供にバイリンガル教育を実施中。近著は『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』

関連記事

コメント

コメント