話し合いはムダだった!夫婦の問題を解決するカギは「妻の●●力」にあり

木村泰之

家族

225452827

価値観の相違や、お金の使い方、子供の教育方針、親の問題、暴力や浮気……

夫婦が歩む道の上にはさまざまな困難が待ち受けています。そのたびに夫婦は一つ一つ、力を合わせて解決していかなくてはなりません。

解決する方法の一つとして、“話し合い”を挙げる方が多いことと思いますが、実はその方法は全くのムダなのです。

今日は夫婦カウンセラーの筆者が、夫婦の問題を話し合いで解決できない理由とその対処法について、男性の目線からお話します。

 

■「変化」の捉え方が異なると夫はストレスを感じる

夫婦にはいろいろな問題がありますが、その多くの原因は考え方の違いによるものです。特に“生活に変化を求めるか、安定を求めるか”というテーマは、男女で考え方に違いが出やすい部分です。

結婚当初はお互いに「一緒に成長しよう」と思っているはずです。そこまで意識していなくとも、赤の他人と一緒に生活する以上、相当な決意があったことでしょう。

しかし、夫婦の生活にも慣れ、子どもが生まれ、夫が転勤したり、転職したり、親の介護も始まるかもしれません。そうなると、日々の生活に追われて“自分の成長”を意識することが減っていきます。

外で働いている夫はいろいろな人に会ったり、仕事上の競争をしたりして変化にさらされることも多いものですが、専業主婦の妻だとなかなか変化の少ない生活になってしまうのではないでしょうか。

この“変化”の捉え方の違いが原因となり、夫婦の間に溝が生まれてしまうことも少なくありません。

 

■安定志向が成長する気持ちを阻む

外にいる夫はいろいろな相手と様々な事柄について話し合ったり、考えたりしています。それは、毎日変化に富んでいるものです。

その一方で家にいる妻は、「子育てして、ママ友とお話して、食事の準備をして夫の帰りを待っていよう」とか、「夫はゴルフだから、私は子供とどこか買い物にいって来ようかな」といったことを考えていますが、毎日それほど大きな変化はありません。

あまり大きな変化がないということは、急にあまり大きな努力をしなくてもいい環境ということもできます。

そういった環境に慣れてしまうと、気づかないうちに環境に甘えるようになってしまいます。そして、いつの間にか「何か家族に問題があれば夫になんとかしてもらえばいい」と自分で問題を解決しようとしなくなるのです。

このような考え方では、力を合わせて問題を解決する夫婦の一員とは言えません。ただの“家の管理人”です。

そんな妻が夫に問題の解決方法を相談したとしても、考えが定まっていないので話し合いにすらなりません。

また、夫側も「家のことは妻にまかせたい」と考えている場合は、問題が解決するどころか、その改善策すらうやむやになってしまうでしょう。

 

■自分で考えて「提案する力」を養おう

仮に夫が「オレにまかせろ」と言ったとしても、妻の思う通りにならないかもしれません。

夫「子供の事ならオレの言う通りにしておけばいい」

妻「そんな事言ってもあなたは何もしないでしょ」

というように、結局夫は何もしてくれず、自分で考える事になるパターンです。こうなることが予想されるのであれば、もはや問題の解決策を“話し合って決める”ことはムダとしか言えません。

そもそも多くの男性は、夫婦の問題について話し合うことよりも、「うん。わかった」「いいよ」という短い言葉で妻の提案を承認することを好むものです。

このようなことから、妻には夫と一緒に考えることよりも、自分が夫婦の舵を取るくらいの意識をもって、自分から解決方法を提案するスタイルに切り替えたほうが良いでしょう。

 

いかがでしたか?

妻が“このままでいい”という安定志向でいると、常に変化を求められ、多様な考えの中にある夫に置いてけぼりにされてしまします。

自分で考えて、意見や考えを持ち、それを夫に提案して「うん」と言わせる主体性がこれからの妻には必要なのです。

 

【関連記事】

※ GW中がチャンス!ゴロゴロ夫を「理想の夫」に改造させる4つのコツ

※ たった1つ!4児のママが見つけた「言うことを聞かない子ども」をガラリと変える方法

※ 夫にウンザリさせずに「おうちのルール」を守らせる方法、男性目線からお教えします!

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

※ 生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

【姉妹サイト】

※ 実はアレも「医療費控除」の対象!残しとかないと損するレシートって?

※ 子供の入学や就職などの「突然の出費」に備えるには?

【参考】

※ 木村泰之(2014)「夫婦問題の処方箋~カウンセリング実例編~: 男の気持ちを知る力 Kindle版」 (株式会社デンショク)

 木村泰之(2014)「夫婦問題の処方箋~カウンセリング実例編~: 男の気持ちを知る力 (紙書籍)

木村泰之(2012)「幸せな夫婦になるための5つのステップ」(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊)

男の気持ちを知る力

【著者略歴】

木村泰之・・・夫婦カウンセラー。『一般社団法人夫婦問題レスキュー隊』代表理事。カウンセリング、セミナー、相談者交流会、座談会、カウンセラー養成塾などを通じて夫婦問題に悩む方にアドバイスを送る。夫婦カウンセラー木村泰之amebaブログ『夫の浮気で離婚・修復に悩む女性の味方 夫婦カウンセラー

 

関連記事

[fbcomments]