ママ眼科医が警鐘!子どもの目が危ない…液晶画面で起こる「VDT症候群」とは?

mica

子供

152011337

デジタル端末はどんどん小さく薄くなり、今やお出かけ先どこでも楽しめる時代。親子関係においても、子どもたちといつでも連絡が取れるのは親にとってはこの上ない安心感をもたらしてくれます。

実際、内閣府が行った『平成25年度 青少年のインターネット利用環境実態調査』によれば、携帯電話、スマートフォン所持率は小学生で36.6%、中学生51.9%という結果が出ています。また、ちょっとぐずった小さな赤ちゃんにスマホやタブレットの画像を見せるだけで魔法のように静かになってしまうので重宝してしまうママも多いですよね。

ところが、そのような液晶画面、特にブルーライトを子どもたちが長時間見続けることに警鐘をならす専門家もいます。

今回はご自身もママである眼科医の松村沙衣子先生に取材した内容を参考に、液晶画面がもたらす子ども達の眼への悪影響についてお伝えします。

 

■液晶画面が及ぼす子どもへの3つの弊害

松村先生によれば、液晶画面が及ぼす子どもへの弊害として、以下3つが挙げられるそうです。

(1)VDT症候群

“VDT症候群”とは聞き慣れない言葉ですが、パソコンなどのディスプレイ(VDT=ヴィジュアル・ディスプレイ・ターミナル)を長時間見ることにより、目や身体、心に影響の出来る病気の総称で、別名「IT眼症」とも呼ばれています。

視界のぼやけ、ドライアイや目の疲れに加えて、身体的には肩こり、背中の痛みや手のしびれ、めまい、吐き気などの症状が出たりすることもあります。また、イライラや不安感、うつ症状にもつながることもあるそうです。

 (2)近視を誘発する

液晶のブルーライトは波長が短く散乱しやすい特徴があり、そのためピントのずれが生じやすくなります。また近くでゲーム機器や携帯画面を見ている状態は、目の中にあるレンズを厚くさせる筋肉が常に緊張している状態となり、長時間続くと近視を誘発する恐れがあります。

(3)睡眠障害

強い光を見ることによって、それがたとえ夜の時間帯でも、脳は「今は明るいから昼間だ!」と勘違いするそうです。体内時計が狂い、夜にうまく眠れなくなったり、睡眠の質そのものが低下し、寝起きが悪く、昼間もご機嫌ナナメになったりします。

 

■子どもたちの目を守る為に親ができること

ブルーライトの弊害が分かったところで、ふと周りを見渡すと、子どもたちの周りにはブルーライトに溢れていることが分かります。液晶テレビ、ゲーム端末、パソコン、スマートフォン、さらにテーマパークや映画の3D画像など。

こういった現実を踏まえた上で、親として子どもの目を守る為に何をしてあげればよいのでしょうか?

●時間を制限する

松村先生は、「子どもたちにブルーライトに触れさせる時間を極力少なくすることが大切」とおっしゃっています。特に兄弟姉妹のいる小さな子は、こういったものに触れるスタートも早くなりがちです。ゲームやテレビの時間は1時間毎に10~15分の休憩を入れ、目を休む時は遠くの景色を眺めるように意識しましょう。ルールを設けて節度ある楽しみ方をすることが大切です。

●ブルーライトカットフィルムや眼鏡を活用する

最近ではブルーライトの弊害を予防する為の便利なグッズも販売されています。それらを上手く活用してこどもたちの目を守ってあげましょう。

 

いかがでしたか?

テレビやスマホはとても便利ですが、それらに頼っているとママのみならず子どもたちも依存が強まり、離れるのがとても大変になります。

最初が肝心かもしれません。子どもたち、特に幼児期の身体の健康は親の責任。子どもが健やかに育つよう、親として出来ることから始めましょう。

【関連記事】

※ 「心がポキッと折れてしまう」精神力の弱い子に育つ親のNGワード3つ

「歯磨き粉」って何歳から使うの?プロがすすめる年齢別歯みがきアイテム

※ アレ…ちょっと鬱っぽい?そんな時「気分を安定させる」食品5つ

※ 生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

【参考】

※ 平成25年度 青少年のインターネット利用環境実態調査(PDF) – 内閣府

※ 学校保健統計調査 平成25年度(確定値)の結果の概要 – 文部科学省

【著者略歴】

mica・・・現代美術ギャラリー勤務時に夫と出会い半年で結婚、渡米。アメリカで年子姉妹を産み帰国。その後日本で3女と長男を自宅出産。現在は夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住。 長女の不登校や苦しい罪悪感だらけの子育てを経て、今では自然体でこどもと接することが出来るようになった自身の経験を活かし、子育てアドバイザーの資格を取得。著者ブログにて、記事の裏話を更新しています!

関連記事

コメント

コメント