子供に多いアトピー・鼻水・ぜんそく、実はこの症状に「納豆」はNGだった!?

Yuno

美容・健康

270392420

納豆は身体に良い! これは皆さんテレビや雑誌でもよく聞くことですよね。日本人の朝食の代表として毎日食べている方も多いのではないでしょうか?

ただしアーユルヴェーダでは、納豆は季節やその時の身体の状態を見て食べた方がいいことをご存じですか?

小さな子供には特に注意が必要で、季節的に春は気をつけたい時期と言えます。

 そこで今日はヨガインストラクターでアーユルヴェーダアドバイザーの筆者が、アーユルヴェーダで考える幼少期の春の身体の症状についてお伝えします。

 

■アーユルヴェーダからみる身体の症状

アーユルヴェーダでは生まれてから30歳頃まではカパ(水・地)の影響を大きく受けるとされていて、この働きが子供の成長を助けてくれていると言われています。

カパは“結合エネルギー”の働きがあり、人間の細胞同士を強く結合させてくれます。

赤ちゃんの時にはふにゃふにゃなのに毎年みるみるうちに骨や筋肉がしっかりしてくるのはカパの結合力による影響と言えるのです。

また肌に潤いを与えキメを細やかにする作用もあります。だから子供の肌はプルプル、モチモチしているんですね。

ただしその反面、子供はアトピーや鼻炎・ぜんそくという症状も多く見られます。

実はこれもカパの増悪時の症状なのです。

カパの症状は主に心臓より上にみられ、カパ増悪時の症状として鼻と口の間が粘液っぽくなるので、よく鼻水が拭いても拭いても垂れてしまう子はこの影響とも言えます。

そんな症状も大人になるにつれて自然と治る場合が多いのは、これはカパの影響が薄れてきたということなのです。

アーユルヴェーダでは30歳~60歳頃はピッタ(火・水)の時期に入るとされ、この時期にはまた違う症状(肝臓の疾患・薄毛・アルコール依存症)が出てくることがあります。

 

■春はなぜ「花粉症」に?

季節によって私たちはヴァータ(風・空)、ピッタ(火・水)、カパ(水・地)の影響を受けます。

春はこの中でもカパの影響が大きいのです。

寒い冬に蓄積したカパが温かくなった春にドワッと溶け出すような感じです。

先に述べたように、カパは心臓より上の部位に症状が出やすく、アレルギー症状や気管支の症状に現れやすいのです。

そのため、お子さんにこのような症状が出ている場合、そして特に春には納豆の食べ過ぎには注意した方が良いでしょう。

オクラ・山芋・里芋・……いわゆる“ねばねば系”とされるものは“ムチン”という成分が含まれることから、一般的に身体に良い影響を与えると言われていますが、これらはアーユルヴェーダでは食べすぎると体内の管の流れを悪くしてしまうと言われ、管が詰まると免疫力がさらに落ちてしまいます。

花粉症は根本的に免疫力を上げることが必須になりますので、カパ症状が出ている時にはあまりオススメできません。

 

いかがでしたか?

今日ご紹介したように、一般的に身体に良いとされる食べ物は、実は時と場合によることがあるということをお伝えしました。

これからは体調管理法の一つとしてアーユルヴェーダを取り入れた生活を意識し、季節や自分の体調をしっかり把握した上で適切な食事をお子さんに与えてみてくださいね!

 

 【関連記事】

※ 妊娠中にママが●●すると「胎内記憶」の保有率がアップする!?

※ 4児のママが見つけた「子どもがどっぷりハマる」絵本の法則とは?

※ 年間で「2万円」の節約効果に!? 値上げ対策になるクレジットカード活用のコツ3つ

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

※ 生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

【著者略歴】

Yuno・・・ヨガとアーユルヴェーダを専門とし、自身のスタジオWindhillを2015年港区白金台に設立。また今年出産を迎える1人のママとして、特に最近は妊婦や産後の身体についてを中心に学びを深める。

関連記事

コメント

コメント