驚きの法則があった!「子どもが言うことを聞かない」と悩む親の特徴とは

佐藤めぐみ

子供

言うことを聞く子どもがいる一方で、聞かない子どももいる原因は、実は子ども側にあるのではなく親側にあることも少なくありません。言うことを聞かない子の親のほとんどが、“言っていることと、やっていることが一貫していない”ものなんです。

無自覚な方が多いと思いますが、“言っていることを行動に移せていない”ケースって実は日常結構あるものです。

今日は、誰もがやりがちなものの意外と見落としているその“ワケ”について、『子育て心理学のプロが教える輝くママの習慣』の著者・佐藤めぐみがお伝えします。

 

■「お馴染の叱りフレーズ」が犯人だった!?

「片づけなかったら、全部捨てちゃうわよ!」

「グズグズしているのなら、置いていくからね!」

「いい子にできないのなら、もう何も買ってあげないわよ!」

このようなメッセージが口癖になっていませんか?  お馴染の叱りフレーズですよね。

実は、子どもが言うことを聞かなくなってしまう元凶がここにあるのです!  「なんで? しっかり強く言っているのに?」と思うかもしれません。でも1つ1つのメッセージを見ていくと、その理由が分かります。

「片づけなかったら、全部捨てちゃうわよ!」と言っても、ママは全部は捨てられません。もったいないですよね。

「グズグズしているのなら、置いていくからね!」と言っても、お出かけするのに、子どもを家に置いていくわけにはいきません。

「いい子にできないのなら、もう何も買ってあげないわよ」と言っても、何も買ってあげないなんてちょっと無理な話……。

 

■「結局ママが行動に移せない」法則とは?

これでお分かりのとおり、言うことが大き過ぎてしまうと、ママはその言葉を実行に移せなくなります。

「○○しなかったら、××だよ」の××部分が非現実的な内容だと、行動に起こすのが不可能になってしまいます。しかしその横で、子どもはママの言葉と行動パターンを着々と頭の中にインプットしています。

「片づけなかったら、全部捨てちゃうわよ!」と言ったけれど、何も捨てなかった。

「グズグズしているのなら、置いていくからね!」と言ったけれど、ちゃんと連れて行ってくれた。

「いい子にできないのなら、もう何も買ってあげないわよ!」と言ったけれど、スーパーでお菓子を買ってくれた。

受け手である子どもにとって、ママの言うことは聞いても聞かなくても状況は何も変わらないんです。それだったら、「ママの言うことは気にしないで、自分のやりたいことをやっちゃおう!」というのが子どもらしい解釈です。

 

いかがでしたか?

一般的に、ママが感情的になってしまうと、このような現実化不能な言葉が出やすくなります。誰でも、ついうっかりした発言はあるので、日常的になると、子どもはどんどん言うことを聞かなくなっていってしまいます。

子どもを叱る必要があるときは「私、ちゃんと実現できることを言っているかな?」とぜひ自問してみてください。そうすることで、育児の矛盾を見出すことができるはずですよ。

 

【関連記事】

※ 絵本の読み聞かせ中に親が子どもに「言ってはいけないこと」

※ 「スゴい」「上手」はNGだった!4児のママが教える、子供のやる気がUPする上手な褒め方

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

※ ママ友へのプレゼントにも!セレブ御用達のおしゃれなベビーグッズ4選

※ 生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

【著者略歴】

※ 佐藤めぐみ・・・心理学がベースのポジティブ子育て『プラス思考育児メソッド』でママをサポートする『ポジカフェ』主宰。
ママ向けストレス診断、悩み相談、叱り方教室 『ポジカリ講座』 など育児コンサルタントとして活動中。著書は、『子育て心理学のプロが教える輝くママの習慣』(あさ出版)『叱るときのイライラがなくなる! 子育て心理学のプロ 佐藤めぐみの「ポジカリ」メソッド』 (All About Books)[Kindle版]など。

関連記事

[fbcomments]