実はそれ、子どもを困らせる質問だった!? 「子どもが話したくなる」上手な質問の仕方

mica

子供

249851365

新学期が始まり、それまで一日の長い時間を子どもと一緒に過ごしていたママも、保育園や幼稚園に預けて、子どもと離れた生活をスタートした人も多いのでは?

親としては「ちゃんと楽しんでいるかな?」などと気になってしまうものですね。

そんな時、ついつい「今日どうだった?」「楽しかった?」などと質問してしまいがち。でも実はこれ、“こどもが返答に困る”質問ということをご存じですか?

今回は子育てアドバイザーである筆者が、子どもたちが返答に困らずに、親に「こんなことがあったよ!」と話せる上手な質問の仕方をご紹介します。

 

■「今日はどうだった?」「楽しかった?」はNG!?

子どもはママが大好き。だからこそママが「自分に何を望んでいるか?」ということをいつも気にかけています。そのため、自分たちに期待されている答えが「うん、楽しかったよ」であることを、実は分かっているのです。

その質問が、”子どもたち自身”ではなく、“親自身が安心したい為の質問”であることは、とうに見抜かれています。

 

■「あなたに興味があるんだよ」と伝える為の質問とは

そこで筆者は、子どもに「今日は何が楽しかった?」と聞くことをオススメします。

こう質問するとまずこどもは、一瞬詰まります。そして「何が楽しかったんだっけ?」と考え始めます。

考えた結果、「今日は○○くんがこんな顔をして笑っちゃったんだ」とか、「今日は先生がみんなをくすぐって面白かった」などの、“楽しいこと”が出てくることもあれば、

「今日は嫌いな縄跳びをやらなきゃいけなくて、つまらなかった」「先生に怒られちゃった」などの、”楽しくなかったこと”が出てくることも。

または、「なにもしなかった」「楽しいことなんてなかった」という回答の場合だってあるでしょう。

 “楽しくなかった”場合も、“なにもなかった”場合も、親は特に追求せずに、「そっか~」とだけ言っておきましょう。

それでも子どもの中には“自分に興味を持ってくれている”という親の気持ちがきちんと伝わっています。このことさえ伝わっていれば、子どもたちはこれからママにいろんなことを話してくれるようになるはずですよ。

 

いかがでしたか?

子どもたちはすでにママと二人だけの生活から飛び出し、新しい世界の中で生きています。園での生活を何にも話さない子だとしても、イコール問題があるわけではなく、むしろ逆で、とても楽しんでいる場合も多いです。

子どもたちが駆け出してゆく後ろ姿を見るのは、親としての最大の喜びだと筆者は思います。

逆に、子どもたちがこちらを向いてばかり居るとき、もしかしたら何か困っていることがあるのかもしれません。そんなときは、今日ご紹介した質問を胸に子どもが満足するまで向き合ってあげてくださいね!

 

【筆者略歴】

mica・・・現代美術ギャラリー勤務時に夫と出会い半年で結婚、渡米。アメリカで年子姉妹を産み帰国。その後日本で3女と長男を自宅出産。現在は夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住。 長女の不登校や苦しい罪悪感だらけの子育てを経て、今では自然体でこどもと接することが出来るようになった自身の経験を活かし、子育てアドバイザーの資格を取得。子育てのお悩みのご相談は、micasmilemica☆gmail.comまでお気軽にメールください。(☆を@に変えてくださいね)

【関連記事】

将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ 子ども時代のコレでほぼ決定!将来「子どもがしっかりした大人」になる遊ばせ方

※ 絶対にやめて!どんどん子どもの行儀が悪くなる親のNG行動5つ

※ ちっとも子どもが育たない!「ヘリコプターペアレンツ」になっている親の特徴4つ

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ 最新トレンド!海外で話題の「バターコーヒーダイエット」に絶対に必要なモノとは 

※ 初めてだから失敗はイヤ!先輩ママが選んだ「ファーストシューズ」は? 

※ 先輩ママおすすめ!抜け毛や白髪など「産後の髪トラブル」の解消法とは? 

うわっ…家の洗濯物クサいかも!? この時期オススメの「洗濯物の生乾き臭」を防ぐ方法

【姉妹サイト】

逆効果だった!すればするほど「夫婦関係が険悪になる」妻の行動3つ

※ 趣味は妻!? 夫が「溺愛してしまう」オンナの共通点4つ

 

関連記事

[fbcomments]