リラックスタイムが健康のカギ!紅茶がもたらす4つのメリット

島津優理子

It Mama

何かとあわただしいこの季節。みなさんは仕事や家事の合間をどのようにお過ごしですか?

一息入れたいリラックスタイムには飲み物が欠かせないものです。人それぞれにお気に入りの飲み物があることと思いますが、筆者は最近“紅茶”にハマっています。

おいしいことはもちろん、いろいろな茶葉を試したり、かわいい缶をコレクションしたりと楽しみ方がいろいろあるんですよ。

今日はそんな紅茶の意外と知られていない良いところをお伝えします。

 

紅茶のメリットはリラックス効果だけじゃない

紅茶には体に良い影響を与える成分が含まれていることが、研究の成果でわかっています。おいしくて、体に良くて、さらに香りを楽しんでリラックスできるという、3拍子揃った魅力的な飲み物なのです。

それでは、紅茶を飲むことによって、どんな良い影響があるのかを見ていきましょう。

(1)生活習慣病の予防

紅茶に含まれる紅茶ポリフェノールには、血圧や血糖値、血中コレステロールの上昇を抑制する作用があります。血液がかたまりにくくなることで、血栓の予防につながることから、生活習慣病の予防にもつながるそうです。

おいしく紅茶を楽しみながら、生活習慣病の予防ができるなんて嬉しいですよね。

(2)抗ウイルス作用

だんだんと流行が落ち着いてきたインフルエンザ。みなさんは今年、かかりませんでしたか?

「今年かかってしまったから、来年はかかりたくない!」という方に朗報です。なんと紅茶には、インフルエンザウイルスに取り付き、感染力を奪う作用があるんです!

この作用を活かすためには、ミルクを加えずに、こまめに飲むことが大切なのだそう。紅茶を習慣化したいですね。

(3)脂肪燃焼

紅茶に含まれるカフェインは、胃液の分泌を良くして、消化を促したり、脂肪を燃焼させたりと女性にはうれしい成分です。さらに、カフェインには利尿作用があるため、体の老廃物の排出を促してくれることも期待できそうです。 

(4)ホルムアルデヒドの吸着効果

いまや深刻な社会問題にもなっているシックハウス症候群。紅茶には、その原因の一つであるホルムアルデヒドの吸着効果もあるんです!

その対処方法は、紅茶の出がらしを乾燥させて、部屋の隅に置いておくだけ! 飲み終わった後も役に立つなんて、すごいですよね。

ホルムアルデヒドだけでなく、においの原因物質も吸着してくれるので、玄関に置いてみると良いかもしれません。

 

 ■良い子はマネしないでね!斬新すぎる紅茶のいれ方

茶葉からいれる本格的な紅茶もいいのですが、忙しい日々のリラックスタイムとなると、お手軽なティーバッグが便利ですよね。

そういえば先日、紅茶のいれ方を調べていたらおもしろい動画を発見したので、ご紹介します。 

(https://www.youtube.com/watch?v=C6cRadx8SQM&feature=youtu.be)

日東紅茶といえば、紅茶メーカーの老舗中の老舗。筆者はどちらかというと、ベーシックで落ち付いたイメージを持っていたので、これは意外でした。

登場人物がみんな真面目な表情で現れ、いったい何をするのかと注目していると……。一瞬も目を離せない作品になっています!

ちなみに、この映像は日東紅茶が行なった動画コンテストのグランプリ作品。『紅茶の古臭いイメージを払拭し、若い人たちの紅茶に対する価値観を変え、思わず紅茶を飲みたくなる』というコンセプトで作られたものなのです。

ちょっと日東紅茶のイメージが変わりますよね!

 

いかがでしたか?

ぜひ日々のリラックスタイムに紅茶を飲んでみてくださいね。

くれぐれも、ウケを狙って斬新ないれ方はしないでくださいね! 

【参考】

日東紅茶 JUST FOR FUN

関連記事

コメント

コメント