子育てアドバイザーが伝授!泣きわめく子どもは無視してイイってホント!?

mica

子供, 悩み

子どもが何かをしてほしいとき、自分の要求が通らないと、子どもは色んな行動に出ます。

“泣きわめく”、“怒って物を叩く”、“すねて部屋に閉じこもる”など、ことあるごとに駄々をこねたりします。

そんな場所と時を選ばずママを困らせる行為にため息をついているママも多いのでは?

今回は子育てアドバイザーであり、4児の母である筆者が 、ママが困る子どもの行動と原因、そして、それをコントロールするためにママがとるべき行動をご紹介します。

 

■「かまってほしいの!」ママの関心がほしい子ども

子どもたちが我を忘れ、大声で泣きわめき、暴れている……。そんな時、どんな態度をとりますか?

・怒って叱る

・なだめて説得する

・おもちゃや食べ物などで気分を変えさせる

・ニコニコ笑う(これが出来るママは稀かもしれません)

実はこれらの行為は、子どもが“ママにして欲しいと思っている”行為なのです。

子どもは“泣きわめけばママに構ってもらえる”ということを知っているのです。イライラした顔を向けられたり、怖い顔で叱られることよりも、ママにそっぽを向かれる方が、何百倍も辛いのです。

子どもの本音は「怒ってもいいから、ママ、こっちを向いてよ!」と思っています。

 

関連記事

コメント

コメント