専門家が教える!「無口な夫でも会話をしたくなる」妻の会話術とは?

木村泰之

家族, 悩み

119258572

夫婦の元は恋人ですが、何年前に恋人だったのかは人それぞれ違うはず。10年以上前の人もいれば、数ヶ月前まで恋人だったという新婚カップルもいます。

恋人の時を思い起こすと、お互いに自分の夢や考えなどを話しながら二人の将来について語り合った記憶はありませんか?

夫婦になってもそういった話ができていればよいのですが、実際は日々の生活に追われて、2人で夢や目標を話す事はメッキリ減ったという方も少なくないはずです。

特に夫は、結婚して仕事も忙しくなり、結婚当初のようにストレートに気持ちを伝えづらいという人も多く、妻側が夫の心を開く言葉を意識して使うことが夫婦の会話を取り戻す秘訣とも言えます。

そこで今日は、夫婦カウンセラーの筆者がどのような言葉で夫に接していくとかつてのような会話ができるかをお伝えします。

 

■“聞いて欲しい、わかって欲しい、答えて欲しい”の三大欲しい

夫婦関係になると、自分が話す事を“聞いて欲しい、わかって欲しい、答えて欲しい”の三大欲しいが年を増すほど大きくなっていきます。

例えばこんな会話、

妻「今日夕飯の支度をしてたら宅配業者がきて、慌てて出たら住所違いだって。そしたら小声で“すみません”って一言だけ言って帰って行ったのよ」

夫「ふーん…」(テレビに夢中で我関せずの様子)

妻としては、忙しい中で慌てて出たのに、間違いで腹が立っている上に謝罪も小声で嫌な思いをした事を夫にわかって欲しい、答えて欲しいのです。

でも仮に夫が答えてくれたとしても宅配業者の肩を持つようなこんな回答だったら、妻としてはもう少し私の事を思いやってくれてもいいのにと感じるはず。

「それくらいでいちいち腹立てるなよ」

「小声で帰ったってことは、お前が怖くて何も言えなかったんじゃないか?」

 

■夫に耳を傾かせるコツは「恋人時代の会話」

たいていの夫は妻が自分のペースで話していると口を挟む間がありません。また仮に口を挟んでもどんどん言い返されてしまって、結局は最後には妻に言いくるめられるパターンが多いです。

そのため、夫にとっては“黙っている”ことが何よりの得策と感じるのです。

そうなると妻側も聞いてくれていないと感じ、次第に会話をする気がなくなってしまいます。

でもこんな時でも、しっかりと夫に耳を傾けさせる事ができる作戦があります。 そのヒントが“恋人時代の会話”にあるのです。

 

■夫は自尊心をくすぐられると饒舌になる

恋人の時の夫との会話を思い出してみてください。

自分がしゃべるよりも、聞き役だったり、夫の話に合わせる方が多かったのではないでしょうか?

「へー、そうなんだ、すごいね」

「詳しいよね、私全然知らない、もっと教えて」

「すごく考えているんだね、感心する」

などと答えて、夫は得意になって話をしていたはずです。

妻もたとえ自分には興味がない話でも、相手が話したそうにしているから、聞いてあげようと思って聞いていたはずです。

そうすると、夫も自分の得意な分野や、仕事の事、趣味の事などウンウンとうなずいてくれる妻を前に気持ちよく話します。男性にとって、“教えたい、説明したい、披露したい”という欲求は果てしなく大きいのです。

この欲求を引き出す言い方で聞くことでこんな会話が生まれるかもしれません。

妻「宅配の住所確認ってどうなっているのかしらね?」

夫「こういう事は、チェックというよりもその人個人の問題だよな」

妻「たしかにそうね、あなたの言うとおりね」

夫「でも相手にちゃんと謝らないのは、教育が行き届いていないよな。腹立つよ。会社の接客問題につながるな。」

夫は説得力のある説明をした満足感から、妻の会話に次第に入っていき、聞く耳を持つのです。

 

いかがでしたか?

恋人の時は、その夫の心理をしっかりと見抜いて性格や特徴を捉えていたかつての自分がいたはずです。

その時の自分を思い出して、夫が話そうと思わせる、自尊心をくすぐる一言を意識してみましょう。

 

【関連記事】

※ 思わずキュン!夫が「結婚して良かったなぁ」と思ってしまう妻の発言とは

※ 子育てアドバイザーが伝授!「泣きわめく」子どもにはアレが一番効果的!?

※ 妻の笑顔と「おかえりなさい」の一言が夫にとって大事な理由

※ 夫婦カウンセラーが伝授!夫は「妻に●●される」と思わず喜んでしまうらしい!?

※ 無自覚だから怖い!頑張りママほど陥る「毒親問題を断ち切る」2つのポイント

【参考】

※ 木村泰之(2014)「夫婦問題の処方箋~カウンセリング実例編~: 男の気持ちを知る力 Kindle版」 (株式会社デンショク)

 木村泰之(2014)「夫婦問題の処方箋~カウンセリング実例編~: 男の気持ちを知る力 (紙書籍)

木村泰之(2012)「幸せな夫婦になるための5つのステップ」(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊)

男の気持ちを知る力

【著者略歴】

木村泰之・・・夫婦カウンセラー。『一般社団法人夫婦問題レスキュー隊』代表理事。カウンセリング、セミナー、相談者交流会、座談会、カウンセラー養成塾などを通じて夫婦問題に悩む方にアドバイスを送る。夫婦カウンセラー木村泰之amebaブログ『夫の浮気で離婚・修復に悩む女性の味方 夫婦カウンセラー

関連記事

コメント

コメント