赤ちゃんの「快適」がママのイライラを激減!? 理由は部屋とおむつにあった!

芦原 陽子

It Mama

ついこの間まで寝ていただけの赤ちゃんが、寝返りを打ち、ずりばいを始めるようになって……我が子の日々の成長を間近で見られることは、親にとって何よりの喜びですね。

でも、浮かれてばかりはいられません! 子どもがずりばいを始めたら、そろそろ重い腰を上げて今までの育児環境を見直す時期がやって来ているのです。

そこで、今回は、現在生後11ヵ月の男児を育てている筆者が、育児をもっと楽しくラクにするためのヒントとして、子どもが動き回るようになったら“見直すべきこと2つ”をご紹介します。

 

■見直すべきこと1:赤ちゃん目線で部屋を総点検!

筆者の息子がずりばいを始めた生後7ヵ月頃に見直したことといえば……。

テーブルの角にガードをつけ、感電防止にコンセントカバーをつけ、オーブントースターや炊飯器など火傷の恐れがある家電を手の届かない所へ移動させ、誤飲の恐れがある小物類や洗剤、重い物など危険な物を片付けました。

赤ちゃんの目線になってハイハイしてみると、床の端にたまった小さなゴミにも気づけるのでオススメです。

育児と家事で日中は慌ただしいので、子どもを寝かしつけた後や、パパが休みの日などを利用して、ムリせず少しずつ育児環境を見直すのがコツ。

これを早めにしておけば、「危ない」「ダメ」を連発する“ガミガミママ”にならずに済みますよ。

 

■見直すべきこと2:おむつをテープタイプからパンツタイプに!

もうひとつ、早めに見直すべきなのが“おむつ”。動き回るようになっておむつ替えが大変になってきたら、パンツタイプに買い替え時です。

はかせるだけのパンツタイプは、おむつ替えがとってもラク! ママの負担が一気に軽くなるハズです。パパに「おむつ替え手伝って!」と、お願いもしやすくなりますよ。

テープタイプからパンツタイプに買い替える時のポイントは、機能を重視して選ぶこと! 押さえるべきポイントは“さらさら”、“はき心地”、“持ち運びしやすい”の3つです。

例えば、10年振りに大型改良した新『パンパースさらさらパンツ』なら、上記ポイントをしっかり押さえています。

“さらさらスリムジェル”を初採用!おしっこのあとの湿気まで吸収するので、ムレさえ肌によせつけず、最長12時間もお肌をさらさらに保ちます。

筆者の息子11ヵ月(9.5キロ)も、早速体験してみました。

今まで使っていた他社のLサイズと比べてみると、横幅も厚さもスリムなのにまず驚きました。ママの荷物ってどうしてもかさばってしまうから、持ち運びにも便利なのはポイントが高いですよね。

夜間の授乳があるので、朝起きた時にはいつもおむつはパンパンに膨らみ、ムレが気になっていましたが、パンパースパンツはムレ感がなく、息子のおしりは朝までさらさらのまま。これなら息子は一晩中快適だし、優れた吸収力はそのままなのでおむつ替えのために起きることがなくなるから親子で安心してぐっすり眠れそうです。

ポイントをしっかりおさえた『パンパース新さらさらパンツ』。実際に試したママから“パンパース史上最高評価”を受けているのも、納得のクオリティーでした。毎日使うものだからこそ、おむつ選びはこだわりたいですよね!

これからテープタイプからパンツタイプに切り替えるというママや、今使っているパンツタイプのおむつに満足していなかったママにもオススメです。

 

 

いかがでしたか? 

子どもが動き回り始めたら、早めに部屋の環境とおむつを見直すことが大切。ストレスをためずに、毎日の育児を楽しんでくださいね!

 

【参考】

※ パンパース公式サイト

関連記事

[fbcomments]