意外だらけ!ママ歯医者さんが「我が子の歯並びをキレイに」するためしているケア4つ

進藤ゆきこ

子供

最近は赤ちゃんの頃から、むし歯だけでなく、歯並びを心配されるママが増えています。

できれば小さい頃からキレイな歯並びでいてほしいですよね。でも専門家の視点からすると、ママが持つ子どもの歯並びは間違ったイメージがあるのです。

今回はママ歯科医師である筆者が、“大人になったわが子へ、キレイな歯並びをプレゼントするためのポイント”をお教えします。

 

子どもの歯並びは「隙間」があるかがポイント

オムツのCMなどで見かける赤ちゃんや幼児はキレイな歯並びをしていますよね。それに比べて歯と歯の間に隙間だらけのわが子は”すきっ歯”でイマイチ……。こんな悩みを抱えるママもいるのでは?

でも、実は乳歯列は”隙間”があるほうが本来の姿なのです!

理由は、歯と歯の間に隙間があることで、大きな大人の歯に生え変わる際にスムーズに交換できるのです。

では隙間がないキレイな歯並びの子はどうなるのでしょうか? 交換期を迎える5~6歳頃にうまく顎が大きくなればよいのですが、その量が足りないと大人の歯が生えるスペースが不足してしまいます。乳歯だけの時期にキレイな歯並びで満足してはいけないのです。

 

隙間があるといい2つの理由

(1)歯の生え変わりがスムーズにいく

永久歯は乳歯の約1.2倍と大きく、それだけ生えるために場所が必要となります。スペースが不足すると、乳歯の裏から永久歯が生えてくることがあります。この場合、歯科医院で乳歯を抜く必要が出てきます。

(2)歯みがきしやすい

隙間があると歯ブラシやフロスも使いやすく、ママも仕上げ磨きをしやすくなります。

 

隙間をつくる4つの生活習慣

(1)よく噛んで食べる

よく噛んで食べると、顎が広がりやすくなります。柔らかい食べ物を口に入れてすぐゴクン、なんてことありませんか? 前歯でかじって、奥歯ですりつぶす、といった歯の運動をスムーズに行えるように、食事内容を工夫したり、足が床に付く椅子を用意するなど環境を整えてあげましょう。

(2)ガムを噛む

顎の成長をサポートするために専用のガムを噛むことがあります。むし歯を治した場合、詰め物がとれてしまうことがあるので、一度小児歯科でチェックしてもらってからの方が安心です。

(3)むし歯を治す

歯と歯の間のむし歯を放おっておくと、隣同士の歯が自然に寄ってきて、スペースが狭くなってしまいます。また、むし歯や怪我で乳歯を抜いた場合も同様で、抜いたスペースはいつの間にか狭くなってしまいます。そうすると、そこに生える予定の永久歯がうまく生えることができません。

むし歯は早い段階で治しましょう。抜いた場合は、スペースを保つための装置がありますので、小児歯科で相談しましょう。

(4)間食の時間を決める

よく噛んで食べるにしても、食欲がなければ食べられません。それには元気に外で体を動かしたり、ダラダラとおやつを食べないといった、生活全般の見直しが必要です。夕食前に甘いお菓子を食べない、甘いジュースを飲み続けないなど、ママがチェックしてあげましょう。

 

いかがでしたか?

歯並びは遺伝もありますが、ママがサポートできることもあるのです。まずは乳児期に隙間があるかどうかチェックしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 知らないと損!? 歯医者さんが「わが子にセレクトしない」歯ブラシの特徴5つ

※ 超簡単!子どもが「歯磨きを好きになってくれる」親の行動6つ

ちょっとのアレンジで豪華に変身!「お花見弁当に人気のおかず」5選

※ 実はパーフェクト食材!? 手軽に食べられるチーズの知られざるパワー

虫歯は減ったのに増加中!子どもの「歯周病と脳力」の意外な関係

【筆者略歴】

進藤ゆきこ・・・専門家ライター。自身も子育て真っ最中の歯科医師、歯学博士。「毎日のオーラルケアをママとベビーのハッピータイムに」をモットーに、親子でお口の健康をもっと身近に感じてもらえるよう取り組んでいる。

関連記事

[fbcomments]