孤独で不安なママが読むと「みるみる元気になる…!」絵本3冊

島津優理子

レビュー, 子供

待望の赤ちゃんが産まれて、とても嬉しいはずなのに、わけもなく涙が出たり、突然悲しい気持ちになったりしているママはいませんか? 新米ママは慣れない育児の中、毎晩のように繰り返される子どもの夜泣きなどで睡眠不足から、情緒不安定になりがち。

でも誰だって最初から上手にできる人なんていません。

少しでも辛いと感じたら、子どもと一緒に元気になれる絵本を読んでみるのはいかがでしょうか?

今回は、そんな育児にがんばる新米ママへ、絵本セラピスト協会認定絵本セラピストの佐々木好江さんがおススメする、“読むとひとりじゃないということを思い出させてくれ、元気になれる絵本”を3冊ご紹介します。

 

■1:ママとしてがんばった今日を肯定してくれる本

→伊藤比呂美(訳)下田昌克(画)(2013)『今日Today』(福音館書店)

赤ちゃんのお世話をしていると、あっという間に一日が過ぎてしまいます。

「もし初めての育児に戸惑い、ひとりで孤独を感じているママさんがいらっしゃいましたら、ぜひこの本を読んで頂きたいと思います。」と佐々木さん。

筆者も、娘が生まれたばかりの頃は、「家事も中途半端にしかできないし、育児もこれでいいのかな…」と不安になり、毎日自問自答の日々でした。

この絵本は、子どものためにちゃんとやっている、がんばっているんだと、“ママとして過ごした今日”を肯定してくれるような本です。家事も育児も全て完璧にできるママなんていません。読むと、とても心が軽くなる絵本です。

出産して間もないママや乳児のママにオススメですが、子育て経験のあるすべての女性の心に響く内容になっています。

 

■2:誰かにいつも見守られていると感じられる本

→ユッタ・バウアー(作)上田真而子(訳)()『いつもだれかが…』(徳間書店)

おじいさんが孫に自分の一生を語るというお話。「もしかしたら自分のすぐそばにも、自分を守ってくれている存在がいるのかも知れないと感じさせてくれる絵本です。」と佐々木さん。

自分の今までの人生を振り返ってみたときに、落ち込んだり悩んだりしたこともあったけれど、最後にはなんとか乗り越えることができたという経験はありませんか? そんなママは、この本を読むと納得できるはず! もしかしたら、人には誰でも天使がついていて、守ってくれているのかもしれません。

日々の育児で、大変なこともたくさんあると思いますが、誰かにいつも見守られている、そんなふうに考えたら、毎日がんばって生きていけると思いませんか?

 

■3:いつだって前向きに、子どもと楽しくいこうと思える本

→エリック・リトウィン(作)ジェームズ・ディーン(絵)大友剛(訳)長谷川義史(文字画)()『ねこのピート』(ひさかたチャイルド)

猫のピートが歌を歌いながら様々な道を歩いていくお話。「元気な気分でいたい時は、このピートの歌をお子さんと一緒に歌われてはいかがでしょうか。とても楽しい気持ちになれますよ。」と佐々木さん。

子育てをしていると、大きな困難にぶつかってしまうこともありますよね。でも、何があっても進んでいこう! というピートの前向きさは、そんな困難を乗り越えるための手助けになってくれるかもしれません。1度聞くと忘れられないくらい楽しい歌なので、子どももすぐに覚えられると思います。

公式ホームページでは、無料で訳者大友剛さんの音楽付きで歌と朗読を聞くことができます。また、音楽ファイルの無料ダウンロードもできるので、ぜひアクセスしてみてくださいね。

 

いかがでしたか?

毎日子どもと向き合っていると、疲れてしまうことも多いと思います。そんなときにはぜひ今回紹介させていただいた絵本を読んでみてください! 悩んでいるママが元気になれますように・・。

 

【取材協力】

yoshie

※ 佐々木好江 ・・・平成26年5月に絵本セラピスト協会認定絵本セラピストの資格を取得。20代前半より20年に渡り成功哲学本、自己啓発本等を読む毎日。しかし本がボロボロになるまで読み込んでも内容を記憶する事が出来ない自分に疑問の日々。子供の癇癪対策で絵本と出会うが、そこに人の心を前向きに突き動かすメッセージがある事に気づき、これを広めたく現在活動中。よしえちゃんという愛称で親しまれている。

ブログ:絵本deホロロン。はい元気!!絵本セラピスト 佐々木好江のブログ

 

【関連記事】

※ ウチの子「少し変わってる」、ひょっとして自閉症?行動面にみられる9つの特徴

※ それって発達障がいかも?「アスペルガー症候群」に見られる会話パターン6つ

※ こだわるなら○○100%!妊娠中におすすめの飲み物

※ よかれのアレがNG!障がい児を出産したママが傷つく「励ましの言葉」とは

※ 7,500人以上教えた専門家がズバリ!キャラ弁を「止めたほうがイイ」理由

 

【参考】

伊藤比呂美(訳)下田昌克(画)(2013)『今日Today』(福音館書店)

ユッタ・バウアー(作)上田真而子(訳)『いつもだれかが…』(徳間書店)

※ エリック・リトウィン(作)ジェームズ・ディーン(絵)大友剛(訳)長谷川義史(文字画)『ねこのピート』(ひさかたチャイルド)

ねこのピート 公式ホームページ

関連記事

コメント

コメント