アナタは言ってない?つい言いがちだけど「子どもが傷ついている」親のNGワードとは

立石美津子

子供

他人から「まあ、しっかりしたお利口なお子さんだこと」と褒められたら嬉しいですよね。でも、心の中で喜んでいても「いえいえ、家では我儘で困っているんですよ」と少しはにかんで答えたりしませんか?

“謙遜の美徳”や“謙る文化”があなたの心の中に根付いているのでしょう。でも、実はママの言葉をそばで聞いている子どもはとっても傷ついているんですよ。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が親馬鹿のススメをお話ししたいと思います。

 

■他の子より「我が子が一番」可愛い!

生まれたばかりの赤ちゃん。どんな顔の作りでも「絶対に自分の子どもが一番可愛い」って思いますよね。それが子どもにはとてもいい影響を与えているのです。生まれたばかりの赤ちゃんは人生のスタートで親に愛情をたっぷりかけられて、泣いても喚いても全て受け入れられていると感じることで精神的に安定します。

でも、子どもが段々と成長するにつれ、他のママ友の子と比較して「あれが出来ない、これが出来ない」と短所ばかり拾うようになってしまいます。3歳になった子どもに「うちの子はなかなかお利口さんだわ」「最近、昔と比べて落ち着いてきたわ」と思っていても、他人に「おりこうさんですね」と言われても「いえいえ、そんなことありませんよ」「落ち着きのない子で」と咄嗟に口から出てしまいます。

親馬鹿と思われたくない、己惚れていると思われたくないと自己防衛してしまう反応なのでしょうか。

でも、子どもからすれば、愛情を注がれていると素直に分かるため親馬鹿っていいことなんですよ。

 

関連記事

コメント

コメント