子どもが月曜日の朝うかない顔をしたら…うちの子「サザエさん症候群」?

立石美津子

悩み

“サザエさん症候群”とは、日曜日の夜6時半、テレビのチャンネルをひねると『サザエさん』が放映されていて、と「ああ、明日からまた仕事だ」と嫌な気分になり現実に直面して本当に体調不良や倦怠感を訴えることですね。この現象が子どもにも見られることがあります。

月曜日の朝、子どもが「保育園行きたくない」と服を着替えようとはしなかったらどうしたらよいのでしょうか。

「ここでワガママを許すと将来、登校拒否をする子どもに育ってしまうのでは」と不安になってしまいますよね。でも、ここで無理強いすることは賢明ではないと筆者は考えます。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“月曜日に保育園に行くのを嫌がった時の賢いママの対応”についてお話ししたいと思います。

 

 

■「保育園は行くべきところ」の考えを捨てましょう

「保育園は行くべきところ。休むことなんて出来ないのよ」

「そんな勝手なこと許されないのよ。ママだって今からお仕事に行くんだから」

「なんで、そんなワガママ言うの? お友達はみんな行っているのよ!」

ママも次の予定がびっちりで、ついかけてしまうこれらの言葉。でも大人の価値観と都合を押し付けている言葉なんです。 

 

■カウンセラーの真似をしましょう

大人のケースに置き換えてみましょう。

悩みごとがあって友人に相談したとき、「そんなことないよ」「思い込みが激しいんだよ」「これからはきっとよいことがあるよ」といきなり言われたら「私のことなんてちっともわかっていないくせに」と思いませんか?

うつ病の患者がカウンセラーの元を訪ねました。「もう、私なんか生きていても仕方がない。死にたくなるんです」と呟いた時、心の治療のプロは次のような言葉はかけません。

×元気を出しなさい、頑張ってね

×世の中にはあなたよりもっと困っている人がいるのよ

×誰でも落ち込むことはあるんだからドンマイ、ドンマイ

×これからはきっと良いことがあるわよ

こんな言葉をかけられたら「誰も私の辛い気持ちをわかってくれない」と自殺の引き金になってしまいます。 

心の治療のプロのカウンセラーは「はいはい」の相槌だけでなく「生きていても仕方がないと思ってしまうのですね」と自分の言葉にしてオウム返しします。

 あなたも友人に相談した時「そう、つらいんだ。私も、もしあなたと同じ状況だったら同じように感じてしまうかもしれないわ」と共感してもらえたら救われますよね。

 

■助けを求めているSOSの場合も

優しく抱き締めて「そう、行きたくない気持ちなんだね」と発した言葉をリフレイン。

すると、子どもから「何故行きたくないのか」理由を話はじめたりします。まず子どもの言葉に耳を傾けましょう。

子どもは「行きたくない」と言葉や態度に出してSOSを発している場合もあります。頭ごなしに「それは許されないこと」と否定するのではなく「どうして行きたくないのかママに教えて」と理由を尋ねてみましょう。

内容によっては休ませたり、園の先生に相談に行くのもよいでしょう。

単におもちゃで遊びたいという理由だったら、いきなり「そんなワガママは許さない」ではなく「まだ、遊んでいたいのね。分かる、分かるその気持ち。でも、お家にかえってきてから又遊ぼうね」と言いましょう。

 

いかがでしたか。

ママだって「仕事が楽しくて仕方がない」と思っている一握りの人以外はこの気持ちわかるでしょう。子どもの気持ちを少し理解してあげましょうね。

 

【関連記事】

※ 「天才児」を育てたママがしているある共通の態度とは?

※ 新事実!ママに「ハグされるのが多い」赤ちゃんに見られる驚きの特徴2つ

※ 子どもが「ハズレ先生に当たったときこそアタリ」かもしれない3つの理由

※ 電車内で障がい児が隣に…アナタならどうする?

※ 不思議!子どもが「すんなり言うことを聞く」魔法の法則4つ

 

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

関連記事

[fbcomments]