「夫婦別姓」選択する、しない?海外5カ国の意外な生エピソード

舞スーリ

ニュース, 社会

sapnames cover

最近ニュースを賑わせている“夫婦別姓”。海外ではジョージ・クルーニーを射止めたアマル・アラムディンさんが、意外にも“クルーニー”の姓を選択して話題になりましたよね!

それは、欧米社会ではキャリアがある女性が結婚時に別姓を選択するか、夫の姓・自分の姓を併記するのが一般的なため。

例えばハーバード大学医学大学院が2013年に行った調査では、アメリカで旧姓を選択する女性は実に約30%と言われています。

日本では、夫婦の別姓を認めないとする現在の民法の規定が合憲か違憲かについて、このほど最高裁で判断することになり、注目を浴びていますが、選択的夫婦別姓制度が既に導入されている海外の国で、女性はどんな理由で“姓”を選択するのでしょうか?

今回は、海外5カ国の現地人に取材の上、夫婦別姓にまつわる興味深いエピソードを集めてみました!

 

■1:アメリカ・ニューヨーク州

人気ブロガーのジョアンナ・ゴッダードさんが夫婦別姓を選択した理由はこちら。

「自分の姓“ゴッダード”は自分のアイデンティティの一部。また、30歳で結婚した時、 もうこの名前で私のキャリアが築かれていたから旧姓にした。

ただ一つの懸念は、将来子どもが産まれたら、両親のどちらかと違う姓になること。だから息子の苗字は両親の姓を併記することに決めた」

 

■2:タイ

2003年の法改正で、夫婦別姓が選択可能になったばかりのタイ。記事Topの素敵なウェディング写真の二人に取材したところ、こんな意見が。

「男女平等にと法律が変わっても、セレブ以外の一般市民は結婚により夫の姓を名乗るのがまだ一般的。ただ最近は、将来どちらかが破産した時に責任を負うリスクを避けるなどの理由で事実婚が増えているから、そういったカップルの女性は旧姓のまま」

「旧姓を選択する女性は、男性がいない家系存続のため、王様から授けられた伝統ある姓とか。タイでは他国と違って似たような姓がほとんどないため、姓に誇りを持つ人が多いんだ」

「私の友人は王族関係のため旧姓を選択したけど、例外的。夫の姓を名乗るか、夫と自分の姓の併用が一般的ね」

 

■3:カナダ・ケベック州

なんと、カナダのケベック州では別姓が義務! 

「カナダで最も男女平等のケベック州では、法律で女性は旧姓を名乗り続けなければいけない。政府にお金を払えば夫の姓を名乗ることもできるけど、申請しないといけない」

 

■ 4:フィリピン

「旧姓を使用する女性は、次の3つが理由。1つ目はキャリアのため。2つ目は、米国永住権・市民権の許可待ちの移民希望者。許可が出るまで最大20年待つこともあり、その間結婚ができず、妻となる女性は旧姓のまま。

3つ目は、未婚の母。国民の9割以上がカトリックで、堕胎と離婚が違法なほど保守的な国。ミドルネームに母の旧姓、ラストネームに父の旧姓を入れるのが最も一般的なので、子どものラストネームが母の苗字だと未婚の母だと分かってしまう。それで、そんな家庭の子どもは親がきちんとしていないと見なされ、学校で良くない待遇を受けることも。

基本的には別姓でなく夫の姓を名乗りたい女性がほとんど!なぜって?理由は、好きな男性の姓を名乗りたいロマンチストだから。300年以上スペインの植民地だった影響で、ラテンの血ね!」

 

■ 5:フランス

事実婚が多い国フランス。超キャリア・ウーマンである現地女性の意外なエピソードを最後にご紹介します。

「両親が事実婚で別姓。家族みんなの苗字が違うことが子どもの頃から嫌だった。同じ思いを自分の子どもにはさせたくなくて、 家族の一体感のために、私は夫の姓を選択した」

 

以上いかがでしたか?

夫婦別姓制度の歴史が長い国から、近年導入された国までそれぞれの国の実情やその立場により選択理由はさまざま。

上記のエピソードは国民すべてを代表する声ではありませんが、各国で実際に起きているリアルなストーリーとも言えます。

日本でもし別姓が選択可能になったら、あなたはどんな選択をとりますか?

 

【関連記事】

※ 電車内で障がい児が隣に…アナタならどうする?

※ アレ…ちょっと鬱っぽい?そんな時「気分を安定させる」食品5つ

※ 愛しているのに「将来子供を不幸にする」親の特徴4つ

※ 健康と食育のために!安いモノより「良い食材」を選んだ方が良い理由

ママの96%がほしいといった、子どもとの思い出を4倍かわいく残せるアレとは?
 

【参照】

Female med students choosing to keep family surnames after marriage – NEW YORK DAILY NEWS

 ※ Marriage Do or Don’t: Changing your name – A CUP OF JO by Joanna Goddard

 

【著者略歴】

舞スーリ ・・・ドバイ在住の専門家ママライター。11歳より名取の琴、着物を通じ幼少から世界中で異文化交流を実施。4カ国目の海外暮らし&国内外グローバル企業勤務経験から、比較文化の視点をライティングに生かす。バスビーマガジン、エボルニ海外ウェブマガジン他でも執筆中。趣味はベリーダンス!

関連記事

コメント

コメント