「お金がないから諦めて…」将来子どもにそう言わないために今からすべきコト

有田 美津子

It Mama

58721323

子どもの成長につれ次第に重くのしかかってくるのが“教育費”。お金がかかるとは聞くけれど、「実際いくらかかるの?」「いつまでにいくら貯めなくちゃいけないの?」と感じている新米ママは多いのでは?

結論はと言うと、子どもの教育に関する考え方は人それぞれ、何が正しいという答えはありません。

でも高校、大学と子どもが夢をもち、自分の意志で進路を決めるとき、親として「お金がないからあきらめて欲しい」とはできたら言いたくないですね。

そこで今日は、ファイナンシャルプランナーの筆者が将来子どもが困らないためにすべきことについてお話します。

 

■小学校から高校までの「学習費」総額は?

平成24年の文科省子どもの学習費調査によれば、小学校から高校まですべて公立に通った場合、12年間の学習費総額は約434万円、高校だけ私立に行くと約607万円がかかります。

学習費とは教材費や学用品、交通費など学校に通うために必ず必要なお金だけでなく、家に帰ってからの塾やおけいこ代なども含めた数字です。

それにしても何百万という数字が並んで、どうしたらいいかわからなくなりますね……。

でも、教育費は何百万円というお金が一度にかかるわけではありません。高校までは単純に総額を12年で割ると、公立の場合一人の子どもに毎年37万円、私立高校に行くことを考えても50万円程度を教育費に確保しておけばよいのです。

 

■まとまった学費が必要なのは大学入学時!

これが大学となるとわけが違います。国立大学でも4年間の納入金だけで約243万円がかかります。

私立大学の4年間の納入額の平均は文系で約386万円、理系だと519万円、私立医学部に至っては6年間でなんと約2281万円!かかります。

特に、大学入学時はまとまったお金がかかります。

国立大学でも受験料を含めた初年度納付金が84万円程。私立大学では文系で115万円、理系だと150万円を納めなければなりません。それ以外に一般受験なら1校3万5000円程の受験料や先に合格した学校への入学金、会場までの交通費、宿泊代が大きくかかる場合もあるのです。

そう考えると私立理系の大学を一般受験した場合、大学入学時に軽く200万円を超えるお金がかかります。

これが一人のお子さんにつき、大学入学までに200~300万円程度のお金を貯めておくべき、と言われる理由です。

 

■子どもが小さいうちからすべき貯金額

子どもが生まれたら最低でも毎月1万5000円ずつ積立を始めるとよいでしょう。利息が1円もつかなくても15年積み立てると270万円、18年では324万円になります。

児童手当を上手に使えば、これは無理がない貯金と言えます。

子どもが生まれたばかりの時は喜びのあまりあれやこれやと可愛いベビーグッズに目を奪われ、ついついお財布の紐がゆるみがち。でも、目先のうかれ消費より、子どもの未来を考えた貯金を始めてあげることが、子どもの良い将来につながるのです。

 

いかがでしたか?

子どもが小さい時やりたいことはなんでもやらせてあげたいと思うのは親ごころ。でも、やりたいことを次々とやらせておけいこ貧乏になってしまっては、いざというときの学費が足りなくなり、子どもが好きな道に進めなくなることにもなりかねません。

子どもの将来のため、敢えて“きびしい親”を演じてみることが、本当に子を想う親と言えるかもしれません。

【関連記事】

※ 専門家に聞いた!3歳までの「子ども貯金額」いくらが理想?

 意外な結論!将来「子供を不幸にする親」「幸せにする親」の違いココにあり

※ 「この親にしてこの子あり!」と思われがちなNG行動3つ

※ お金が自然と増えていく!お金持ちが実践しているお金のルール

※ 30歳を過ぎても痩せたい!忙しいママを手助けする酵素サプリとは?

【参考】

※ 平成24年度「子供の学習費調査」の結果について – 文部科学省

 

【著者略歴】

※ 有田美津子・・・ファイナンシャル・プランナー。7年間の専業子育て主婦を経験後、住宅販売・損保会社・都市銀行の住宅ローン窓口を経て独立。自身の仕事と生活体験を大事に子育てママを応援するFP。社会人となった一男一女の母。近著・監修:『トクする住宅ローンはこう借りる』(自由国民社) 出演メディア:BSジャパン、日本テレビ、LEE、週刊朝日、東洋経済新報社ほか多数。

関連記事

[fbcomments]