賢いママは使っている!「残念な夫」にしない3つの夫婦術【前編】

黄本恵子

家族

賢いママは使っている!「残念な夫」にしない3つの夫婦術【前編】

『残念な夫。』というドラマが話題を呼んでいるのをご存じでしょうか?

ドラマのキャッチコピーは“夫は、期待を裏切る天才である”。

出産前までは“完璧な夫”だった玉木宏さん扮する陽一が、妻の出産を機に、“残念な夫”になり下がってしまう姿を描いたテレビドラマです。

陽一は、妻と娘を心から愛しているものの、子育てに大変な妻の気持ちや状況が分からず、空気の読めない態度をし、たまに暴言や失言も吐き、妻をガッカリさせます。

多くの主婦から「あるある!」と共感の嵐を呼んでいるこのドラマからは、夫婦円満に子育てしていくヒントがたくさん!

そこで今回は、前編と後編の2回に分けて、ドラマの中にでてくる実際のフレーズも入れながら、コミュニケーションライターの筆者が“残念な夫”にありがちなエピソードと、自分の夫を“残念な夫”にさせないための3つの方法についてもお伝えしていきます。

 

■残念な夫フレーズ1:「手伝おうか?」

多くのママが夫にイライラする言動のひとつが、この「手伝おうか?」ではないでしょうか。

子どもは二人の間の子どもだし、子育ては二人で取り組んでいくもの。そう思う妻からしたら、この夫の“手伝う”というスタンスは、イライラさせるものでしかありません。

ドラマの中でも第一話で陽一がこの発言をして、見事に妻をキレさせました。

 

■残念な夫フレーズ2:「母親なら子ども泣き止ませるぐらい、できるでしょ?」

ドラマ第四話にて、家に大事な仕事を持ち込む陽一。夜泣きをする娘にイライラし、「母親なら子ども泣き止ませるぐらい、できるでしょ?」と言ってしまいます。

「女はみんな生まれつき子育てができる」とでも思っているのでしょうか?

最初から育児が得意なママなんて存在しません。みんな四苦八苦しながら子育てをしています。どんなにあやしても泣き止んでくれないときもあります。

それを理解せずこのような発言をしてくる男性は、本当にとても“残念な夫”としか言いようがありませんね。

ちなみに筆者も、息子の夜泣きがひどかったとき、オロオロしていたら、夫に「もっとしっかりしなよ。母親だろ?」と言われ、とてもカチンときた覚えがあります。

 

■残念な夫フレーズ3:「誰のおかげで飯食えてると思ってんだよ!」

同じく第四話にて、陽一は妻と口喧嘩の際、上記の言葉を吐いてしまいます。

確かに毎月お金を稼いできてくれるのは男性です。しかし、男性が外で働いている間、妻は家で洗濯をしたり、食事の支度をしたり、子どもの世話をしているから、男性は心置きなく仕事に打ち込めていると言えます。

それを理解せず、「仕事をしてお金を家族に入れている自分が一番偉い!」と思い、上のような言葉を言うのは、“残念な夫”にもほどがあります。筆者の友人で、夫に「主婦の何がそんなに大変なんだよ!」と言われたという女性がいましたが、これもとても“残念”な発言ですよね。 

 

以上、今日は“残念な夫”エピソードをご紹介いたしました。

そんな残念な夫ですが、もしかしたら接し方を少し変えることで、変えていけるかもしれません。次回は、『自分の夫を“残念な夫”にさせないために大切な3つの方法』についてお伝えしていきます。

 

【関連記事】

※ 46%の子どもが答えた!優しいより「●●するお母さんが好き」

※ 8組に1組が●●で決断!結婚に踏み切る意外な理由とは

 伸びるどころか「自信のない人間になる」子どもの褒め方4パターン

※ あなたは言ってない?想定外に「妻の地雷を踏む」夫の一言5つ

※ 一人で我慢しないで!子作りに専念中のママに味方の●●があった!

 

【参考】

※ 残念な夫。 – フジテレビ 

 

【著者略歴】

黄本恵子・・・2010年、ライターとして独立。自己啓発・コミュニケーションスキル系の本や、医療・医学系の本の編集協力・代行執筆を数多く手がける。現在、1児の母。日々ヤンチャぶりが増す息子に振り回されながら、執筆業に励んでいる。

関連記事

コメント

コメント