今話題の「おにぎらず」で一段上の可愛ウマごはん!厳選レシピ3つ

おおたけちほ

ニュース

o-418

本日、2月5日はニコニコ『笑顔の日』です。

そんな笑顔の日にピッタリ! お子さんも、ママ友も可愛ウマでみんな思わず笑顔になっちゃう、今話題の“おにぎらず”について『おにぎらずの本』の著者で料理研究家のオガワチエコさんに教えて頂きました。

ちょっとしたおやつに、ホームパーティーに、ぜひこの機会におにぎらずをマスターしてみてください! 

本日は、そんなオガワさんの『おにぎらずの本』の中から可愛くて美味しいレシピを3つ厳選してご紹介します。

 

おにぎらずって何?

最近雑誌やテレビでも話題の“おにぎらず”ですが、初めて聞く方のために、どんなものなのか? オガワさんに教えて頂きました。

おにぎらずとは、基本、ご飯・具・焼きのりで作られる“にぎらないおにぎり”のことです!

にぎらないのにおにぎりなの?と半信半疑なママのために簡単にご説明すると、のりでご飯と具材を“包んだ”もの、と言ったら伝わるでしょうか。

おにぎらずならではの特長としては、にぎらないから力のないお子さんでも簡単に作れちゃいますし、具は、汁気の多いものでなければ、アイデア次第で自由自在!

冒頭写真のように、見た目にもとっても可愛いのです。

のりにしっかりと包まれているので、小さなお子さんがご飯をボロボロこぼすのも避けられますから、まさにお子さんをお持ちのママには嬉しいことづくめなんですよ。

なるほど。おにぎらずは、おにぎりにある手を水に浸して塩をつけて握る、といった工程がなく、お子さんと一緒に作ってもかんたんに、かつきれいに包めて楽しそうですね。

それでは厳選レシピ3つを見てみましょう。

 

o-269

 

レシピ1:サーモンいくら

子どもも大好き!海鮮キラキラ親子おにぎらず

【作り方】

(1)サーモンを小さめに一口大に切る。

(2)ボールにご飯を入れ、サーモンといくらを入れてよく混ぜる。

(いくらがつぶれやすいのでさっくりと切るように混ぜる)

(3)焼きのりの中央に(2)をこんもりと盛って四隅を折り、合わせ面を下にしてしばらく置く。

(4)焼きのりがなじんできたら、包丁を中央に入れて半分に切る。

 

o-293

 

■レシピ:ベトナムのバインミー風

本格派!世界のおにぎらずを召し上がれ

【作り方】

(1)ボロニアソーセージを4cm×4cmで1cm厚さのものを用意し、二つに切る。香菜はざく切りにする。

(2)焼きのりに塩半量をふって中央にご飯半分を均等に盛り、レバーペーストを塗って香菜をのせ、ボロニアソーセージを並べてなますを置き、スイートチリソースをかけ、残りのご飯で挟み、塩をふる。

(なますはしっかり汁気を切って挟む)

(3)焼きのりの四隅を折り、合わせ面を下にしてしばらく置き、焼きのりがなじんだら包丁を中央に入れて半分に切る。

 

■レシピ:ひよこおにぎらず(冒頭写真)

食べるのがもったいない! かわいいひよこちゃんのおにぎらず

【作り方】

(1)焼きのりに塩をひとつまみ振って中央にごはん半分を均等に盛り、うずらの卵を1列に並べて残りのごはんで挟み、塩を振る。

(2)焼きのりの四隅を折り、合わせ面を下にしてしばらく置き、海苔がなじんだら具材が丁度半分になるよう包丁を中央に入れて切る。

(3)黒ごまで目をつけ、切った紅生姜で口をつけ、青じその実を彩りに散らす。

 

いかがでしたか?

簡単サーモンおにぎらずから、世界の本格派まで幅広くお好みで楽しめちゃうおにぎらず。

可愛いおにぎらずをマスターすれば、ママ友やお子さんのハートをグッと掴むこと間違いなし!

ママ友とのホームパーティでママと子ども一緒におにぎらずクッキング会をするのもおススメです。

さらに詳しい分量を知りたい方、よりたくさんのアレンジを楽しみたい方は『おにぎらずの本』を要チェックです!

 

【関連記事】

※ 8組に1組が●●で決断!結婚に踏み切る意外な理由とは

※ 一人で我慢しないで!子作りに専念中のママに味方の●●があった!

※ やっぱり!? 子どもが生まれても「寝室が同室」の夫婦は●●にも積極的

※ 1つでも当てハマってたらキケン!「デキる女性」にありがちなダメ育児7シーン

※ 新事実!ママに「ハグされるのが多い」赤ちゃんに見られる驚きの特徴2つ

 【参考】

『おにぎらずの本』(泰文堂)

 【取材協力】

※ オガワチエコ・・・料理研究家。著書『おにぎらずの本』(泰文堂)では、おにぎらず「ベスト10」をはじめ、焼きのりではなく、春巻きの皮を使って作るスイーツおにぎらずまで幅広く、126品のレシピを紹介している。Twitterは@ogawachieco

【写真協力】

大崎えりや

【著者略歴】

※ おおたけ ちほ…1988年生まれ。学生時代から、興味がある人には即アポ、即会いに行く性格で、過去にインタビューをした著者、経営者は1,000人超え。現在は保育園に栄養士として勤務しながらフリーライターをしている。

関連記事

[fbcomments]