脳の●●の仕業だった!? 「浮気グセ」のある男に見られる特徴3つ

高草木陽光

悩み

182851637

「この世に男と女が存在する限り、浮気や不倫の問題は永遠に続く……」と言っても過言ではないでしょう。とは言っても、結婚している人が配偶者以外の人と浮気(不貞)をした場合、それは不法行為にあたります。

なぜ、いけないことだと知りながらも、世の中には浮気を繰り返す男性が多いのでしょうか?

そこで今日は、夫婦問題カウンセラーの筆者が、“浮気グセのある男性”を検証し、あなたのカレ、夫の浮気防止策をお伝えします。

 

■浮気グセは“ドーパミン”の仕業?

ドーパミンとは、意欲と快楽を与える脳内物質です。実はこのドーパミン、”報酬”を前提として分泌が増えると言われています。

例えば、職場で新しいプロジェクトに向けて頑張る意欲を与え、成功した時には達成感(快感)を与えてくれるのです。

男性が、女性をデートに誘ったり、食事に誘ったりすることも、その後の報酬を得るための行動だと言われています。

人は、報酬を得ると、次の報酬がまた欲しくなります。

つまり、浮気を繰り返す人は、ドーパミンを人よりも多く求める人で、常に刺激を欲しているということが考えられます。

しかし、ドーパミンは、男性も女性も同じように分泌されます。なのに、なぜ男性の浮気グセの方が常に問題視されているのでしょうか?

脳科学者の中野信子先生の著書『脳はなんで気持ちいいことをやめられないの?』の中で、男性の浮気にはテストステロン(男性ホルモン)が関係していると言われています。

テストステロンといえば、男性をより男性的にするホルモンで、性衝動にも関係しているホルモンです。

これらのことから、浮気グセのある男性は、ドーパミンとテストステロンが大きく関係していると言えるのではないでしょうか。

 

関連記事

[fbcomments]