絵本大好き!そんな子どもに育てる「読み聞かせルール」4つ

立石美津子

子供

そろそろ子どもに絵本を読んであげたいなぁ。

でも、絵本の読み聞かせ方なんて教わったことないし、子育てサークルの先生のように上手に読んであげられなさそうだし、どうしたらいいの……。

そんな不安を抱えた、迷えるママたちにむけて、今回は、『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』の著者・立石美津子が、“読み聞かせ方のルール”についてお話したいと思います。

 

■ルール1:子どもの「もう1回!」には応じてあげる

子どもは繰り返しが大好き。「もう、1回、もう1回~!」と、何度も同じ本を読むことをせがんできます。

そんな子どもたち、実は同じ言葉を繰り返し聞くことにより、その言葉を自分のものにしていくのです。読み終えた瞬間「もう、1回読んで!」と言われ、ちょっとしんどいと思ったときも、これは子どもの言語力を豊かにするための試練なのだと思って、もう一度読んであげましょう。

 

■ルール2:“毎日”欠かさず読む

忙しいママにとって“毎日読む”というのは大変なこと。

歯磨きをさせないと虫歯になる、お風呂に入れないと臭くなって不潔、食事を与えないと栄養失調になってしまう。でも、それと同じで、絵本の読み聞かせをしないと、“脳の栄養失調”になってしまいます。“子どもに絵本を読んでやらないことは、前頭葉を切り取る手術をしているのと同じ”なんて言われているほどです。

人はラクな方に流されてしまう傾向があるので、“時間があったときに読む”というスタンスにしてしまうと、“毎日→3日に一度→週に1度→月に2~3回→ほとんど読み聞かせしない”……というように、絵本を読む頻度は減っていく一方です。

どんなに忙しくても食事はさせるし、歯も磨かせるはずです。絵本の読み聞かせも毎日のスケジュールに組み込んで、習慣化してしましょう。

 

関連記事

コメント

コメント