夫ウケ抜群!おせち人気ランキング上位の簡単アレンジレシピ

島津優理子

家族

103282604

クリスマスも終わり、気づけば今年も残すところあとわずか。そしていよいよ2015年の幕開けとお正月がやってきます。お正月と言えばおせちですが、あなたは手作り派?それとも豪華おせちを購入派? 

購入派が増えてきている昨今、今年はあえて手作りおせちに挑戦してみませんか? 実はコレ、試してみると結構効果が大きいのです。お手製のおせちに、夫はママを改めて惚れ直し、さらには親戚や祖父母などとの新年の話のネタにもあがり、ママ株も思いのほかUPしちゃいます。

今日は「おせちは作ったことがない」「時間がかかる」というイメージをもっているママに、時間をかけずにできて、かつ見た目が豪華になるカジュアルおせちの小ワザをご紹介します。

 

■超カンタン!「おせち人気ランキング上位」のアレンジレシピ

『おせち料理に関する意識調査』(JA全中調べ)では、おせちが好きな人は世代を問わず約7割との結果が。やはり、お正月にしか食べることのできない日本の伝統おせちを好きな人は多いようです。

同調査によれば、好きなおせち料理のメニューベスト3は、栗きんとん、数の子、ハム・ローストビーフとなっています。

今日は上位2位の人気メニューから、パパを「オッ!」と思わせる、アレンジレシピを紹介します。

(1)マヨ数の子

数の子というと、醤油味というイメージがありますが、なんと”マヨネーズ”も合うんです!

塩抜きした数の子をマヨネーズで和えるだけ。ワサビもいれるとピリ辛でさらにおいしくなります。お酒にもピッタリで、宴会の席でもお客さんウケするはず。

(2)さつまいも餅

こちらは、栗きんとんとお餅をあわせたアレンジレシピです。

まず、栗きんとんの栗を取り除きます。餅を加熱し、熱いうちに栗きんとんと混ぜます。その後、栗を加え、軽く混ぜるだけ!

餅をカットし、きな粉をまぶすと、とても美味しい『さつまいも餅』に大変身!お正月にあまりがちなたくさんのお餅を消費できますよ。

 

■少しの工夫でごちそう感アップ!盛り付けアレンジ4つ

(1)柚子の器

彩りをよくするために、柚子で器を作ってみましょう。

黄柚子の中身をくりぬいて、いくらやなますなどの酢の物、黒豆などを入れると彩りも鮮やか、さらに柚子の爽やかな香りも楽しめます。

(2)松葉や笹などグリーンを使う

常緑樹の松には神聖な力があると言われています。楊枝で穴を開けた黒豆に松葉を刺すだけで豪華に!

栗きんとんなどイエローと並べると彩りも鮮やかです。また、料理の下に笹の葉を敷くだけで、上品で高級感が増すのでぜひ試してみてください。

(3)重箱にこだわらない、カジュアルなワンプレートおせち

おせちというと重箱が定番ですが、最近では家に重箱がない方も多いですよね。そんな方にオススメなのが、気軽に作れるワンプレートおせち。

大きめの白い四角いプレートにちょっとずつ料理を盛り付けるだけ。竹筒や竹のカゴなど、小物に和アイテムを使って、少しづつ盛り付けをすると、とてもおしゃれになります。

(4)クリアなガラス容器で洗練さをプラス

盛りつけはつい同じようなお皿に平たく並べてしまいがち。でもちょっと工夫するだけでパーティ料理のように見た目が華やかになります。

筆者のオススメはガラスの少し高さのある器。ローストビーフなどをお花のように丸めて盛り付けをすればグッと洗練された雰囲気になり、高級感がでます。

 

いかがでしたか?

いわゆる重箱に入った伝統的な“おせち”もいいですが、ちょっとした工夫で子どもも食べやすい楽しくてオシャレなカジュアルおせちになります。他とは違う“オンリーワン“のお手製おせちにパパもきっと惚れ直すハズ。ぜひ試してみてくださいね!

【関連記事】

※ 自然と人から「若く見られるようになる」超シンプルな方法10個

ほとんどの人に自覚ナシ!「過保護ママ」が言いがちなNGフレーズ

※ 実は子どもの「キーキー声」の原因になっているNG食習慣3つ

※ やったもん勝ち!「ママでもイイ女」が大抵している10の習慣

※ 夫が「もうオバサンだな」とガッカリする妻のNG行動6パターン

【参考】

※ おせち料理に関する意識調査 – JA全中 

関連記事

コメント

コメント