パニック知らず!デキるママが「旅行の前に」している4つのチェック

島津優理子

家族

年末年始には、旅行や帰省を考えているママも多いですよね。気象庁によると、年末年始の気温は全国的に平年並み、もしくは低いと予想されています。寒い日が続くと親子共に体調を崩しがちですし、子どもは旅先など出先で具合が悪くなることも多いですよね。

そこで今回は“帰省や旅行先でも慌てないで済む”4つの事前準備についてお話しします。

 

1:年末年始でもやっている医療機関を調べておく

年末年始は、基本的に医療機関はお休みです。子どもって本当に医療機関がお休みの日や夜に具合が悪くなることが多いですよね……。もし、自宅であれば、夜間診療や休日診療を調べることも容易ですが、旅先や帰省先では困難。そのため、滞在先の近くにある医療機関を調べておくと、もしもの時安心です。

筆者のオススメは、ティーペック社の『メフィックス』という病院検索サイト。日本全国の医療機関を検索することができるのですが、“年末年始に受診できる病院を探す”というメニューがあるのでブックマークしておくと安心! 今年は12/26(金)の9時以降に情報が公開されるようです。

 

2: 滞在先の室内チェックをする

意外と見落としがちなのが、滞在先の“室内チェック”。ホテルや旅館などでもチェックをオススメします。筆者の娘が1歳のころ滞在したホテルでは、掃除のミスがあり、床にピーナッツが落ちていたことがありました。万が一手に取り飲み込んでしまったら、危ないですよね。

また、意外なところで“実家”など安心そうなところであっても、子どもの手が届く場所に危険が潜んでいる場合があります。この季節、暖房器具を使っている家がほとんどですよね。筆者の実家ではファンヒーターやストーブがありますが、子ども用のガードはついていません。やけどやケガなど防ぐためにも滞在先の安全チェックは必須です。

 

3:症状を緩和できるグッズを持参する

これは筆者も旅行や帰省先に必ず持参しているものです。例えば、アロマに使用している精油の中には呼吸器系の不調をラクにしてくれるものがあるので“お馴染みアロマ”を作っておくのがオススメ。夜中子どもが咳で苦しんでいるときに、ティッシュに垂らして枕元に置いておくだけでOK。

また、1歳以上の子どもであれば、『マヌカハニー』を持参するのもオススメ。風邪予防にもなりますし、ちょっとしたノドの不調を緩和してくれる作用があります。病院に行くか迷うくらいのちょっとした子どもの不調を楽にしてあげることができるので、試してみてください。

海外ではなかなか手に入らない場合もあるので、体温計や冷却剤を持参するのも結構大事。

 

4:海外旅行保険に加入する

年末年始を海外で過ごされる方もいると思います。海外では日本と違い、簡単に病院を受診することができませんし、費用もかかります。そのため、必ず海外旅行保険に加入しておきましょう。

現地で医療サービスを受けたとき、現金で支払う必要がないキャッシュレスタイプのものがオススメです。また、クレジットカードの海外サービスデスクでも同じようなシステムがあるものがあります。もしものときのために、1度確認しておくといいかもしれません。

 

この4つの準備をしておけば、親子そろって安心して年末年始や旅行シーズンを迎えられるかと思います。普段のお出かけ準備としても4番めの保険以外は参考にしてみてくださいね。 

 

【関連記事】

※ 偶然じゃなかった!「用事」があるときに限って子どもが発熱する理由

※ 快適!スマホ写真で超簡単に思い出アルバムを作れるアプリがあった!

※ かわいすぎる!2歳児の成長記録ムービーが話題に

え、3日で!? ママのむくみ悩みをスッキリさせるサプリが凄い!

※ ほとんどの人に自覚ナシ!「過保護ママ」が言いがちなNGフレーズ

 

【参考】

※ 週間天気予報 – 気象庁

※ メフィックス 医療機関検索 – T-PEC

※ スゴすぎて誰かに教えたくなる!風邪予防に効果絶大な「マヌカハニー」 – It Mama

関連記事

コメント

コメント