日本は世界一の赤ちゃん不眠国家?快眠のための対策3つ

黄本恵子

子供, 美容・健康

日本は世界一の赤ちゃん不眠国家?快眠のための対策3つ

昔から、“寝る子は育つ”と言いますが、赤ちゃんの成長にとって睡眠は欠かせない大切な要素です。

しかし、ある調査によると、日本の赤ちゃんは世界一眠れていないことがわかったのです。

今回は、“日本の赤ちゃんの睡眠の実態とその対策”についてお伝えします。

 

■日本の赤ちゃんはどれぐらい寝ているの?

世界16カ国の0~3歳児の睡眠時間を調べた調査によると、最短だったのは日本で、なんと全体平均を1時間近くも下回る約11.37時間でした。これは最も睡眠時間が長いニュージーランドに比べ、2時間近くも差があります。

日本は世界一の赤ちゃん不眠国家?快眠のための対策3つ

『It Mama』の過去記事でも述べていますが、アメリカの健康情報サイト『WebMD』によると、睡眠不足の子どもは怒りっぽかったりハイテンションだったり、感情の変化が激しくて周囲を困らせてしまうことがあるそうです。

また、慢性的な睡眠不足の子どもは問題のある行動を取りやすく、勉強に集中できない・肥満になりやすいといった傾向もある、とのこと。

やはり睡眠はたっぷりととって、心身ともに健康に育っていってほしいですよね。

では、どうすれば赤ちゃんに快適な睡眠をとらせてあげられるのでしょうか? 次の項目からは、“赤ちゃんの快眠対策”を3つに厳選してお伝えします。

 

■赤ちゃんの快眠対策1:夜寝る時間を決める

赤ちゃんにたっぷり良質の睡眠をとってもらうためには、家族で寝る時間を決めて、習慣になるまで続けることが大切です。そして、寝る30分~1時間前には部屋を暗くして、騒がしくせず落ち着いた雰囲気を作ってあげましょう。遅くても21時までには電気を消して眠る準備をしてあげてください。

 

■赤ちゃんの快眠対策2:部屋は暖めすぎず、通気性の良い衣服にする

寒くなってきましたから、就寝時も暖房をつけたり厚着をさせたりとしている家庭は多いと思います。しかし、赤ちゃんは体温が大人より高めです。特に寝る前、寝ているときというのは体温が上がります。夜泣きをしたり、寝ぐずりをしたり、睡眠不足の原因は、体が熱くてイライラしているのかもしれません。赤ちゃんのことを考えるなら、あまり暖かすぎる部屋や厚着も考えものです。部屋は暖かくしすぎず、通気性のよい衣服で寝かせてみましょう。

 

■赤ちゃんの快眠対策3:寝具をリラックスできるものにする

お昼寝時にも注目してみましょう。赤ちゃんにとってお昼寝は欠かせませんが、お昼寝はどこで、どんな姿勢で寝かせていますか?
「昼寝なんて短時間だし」と、昼寝に関しては夜の睡眠時ほど注意を払っていないのではないでしょうか。

たとえばお昼寝時はベビーカーで散歩しながら、というママは多いと思いますが、そのときの体勢で赤ちゃんに負荷がかかり、快眠が妨げられているのかもしれません。

赤ちゃんの質の高い睡眠は、“心身共にリラックスできる寝姿勢”から生まれます。そんな寝姿勢をつくるために押さえるべき第一のポイントは、“体圧分散”。 全体の体重に対して頭の重さの比率が高い赤ちゃんは、体圧分散できない寝具の上で寝かせることで首への負担が大きくなる可能性があります。赤ちゃんも大人と同じく、体圧がうまく分散されていることで身体はリラックスし、自然と無理のない寝姿勢を取れるようになるのです。

たとえば、ベビー用品のコンビ株式会社から発売されたベビーカー『NEMURIE(ネムリエ)』(写真左)は、快適な寝姿勢を支える“エアウィーヴ素材”を搭載しており、空気をたっぷり含む新構造シートが体圧を分散してくれるそうです。これならお昼寝時も快適な睡眠をとらせてあげられそうですね。

夜の寝かしつけには、『Nemulila(ネムリラ)』(写真右)というスイングも発売されています。

日本は世界一の赤ちゃん不眠国家?快眠のための対策3つ

ちなみに、コンビ株式会社は、赤ちゃんの快適環境について真剣に取り組んでいく『もっと快適プロジェクト』を発足。

同社のWEB上では『すやすや寝顔募集キャンペーン』が開催されています。赤ちゃんの寝顔を募集中で、抽選で30名、有名育児雑誌に掲載されるそうです。我が子の可愛い寝顔が雑誌に掲載されるかもしれません。

12月5日(金)~ 12月25日(木)までの期間限定なので、これを機会にぜひ応募してみては?

 

いかがでしたか?

今まで赤ちゃんの睡眠時間に気を配っていなかった、というママは、これを機会に赤ちゃんに快適な睡眠をさせてあげられるよう、ぜひできることから試してみてくださいね。

 

【参考】

もっと快適プロジェクト

子どもの心に悪影響を及ぼす「睡眠不足」を解消する方法9つ

関連記事

[fbcomments]