新事実!ママに「ハグされるのが多い」赤ちゃんに見られる驚きの特徴2つ

芦原 陽子

子供

両手を広げて温かな胸の中にギュッと抱きしめる“ハグ”。

あなたは一日に何回していますか? 親子の愛情を確かめ合うスキンシップとしても大切なハグですが、実はハグには大切な赤ちゃんを病気から守ってくれるスゴい力が隠されていたのです!

そこで今回は、ママとのハグが赤ちゃんや子どもにもたらす驚きの影響についてご紹介します。

 

■1:ハグの多い赤ちゃんは病気に強い!

愛おしい赤ちゃんをギュッと抱きしめてハグをするとき、思わず顔と顔をすり寄せたり、おでこやぽっぺにキスをしたりしますよね。

実はこのような赤ちゃんとの触れ合いによって、ママは赤ちゃんが感染したウイルスや細菌を知らないうちにたくさんもらっていて、ママの体の中ではそれらのウイルスや細菌に対する免疫がつくられます。

その免疫は、母乳を通して赤ちゃんにあげられて赤ちゃんを守ることに。だから“ハグされるのが多い”赤ちゃんは病気に強い!

ハグの他にも、赤ちゃんのおしりや排泄物などに直接手で触れる機会の多い“オムツ替え”も同じ理由から、赤ちゃんの免疫力を高める効果が期待できます。そう考えると、ちょっと面倒なオムツ替えもがんばれそうですね。

ただし、乳幼児の唾液や尿には、妊婦と胎児に影響を及ぼすことがあるウイルスが含まれている可能性があります。健康な人には無害なウイルスですが、妊娠中に乳幼児と関わるときは感染予防として石鹸と流水でこまめに手を洗いましょう。

 

関連記事

コメント

コメント