医療従事者でも3割感染!ノロウイルス予防に効果的な対策って?

黄本恵子

子供, 美容・健康

医療従事者でも3割感染!ノロウイルス予防に効果的な対策って?

最近一段と寒くなってきて、周りで体調を崩し始めた人も多いのではないでしょうか?

これからの時期、怖いのが、本格流行期を迎えるノロウイルス。

ノロウイルスの怖いところは、“不顕性感染”といわれ、ウイルスに感染していても症状は出ず、体内にウイルスを保有している状態で気づかない内に周りに感染を広げてしまうこともあるそう。

家族のだれかが感染すると家族みんなに広がってしまうので、“予防”が大切になりますね。

というわけで、今回は“ノロウイルスに関する意外な事実とその予防法”についてお伝えしていきます。

 

■内科・小児科医を対象にした調査で明らかになった超意外な事実!

森永乳業の調査で『医療従事者100人に聞いたノロウイルス予防に関する実態調査』が発表されました。

こちらの調査は、内科・小児科で働く医療従事者の方が対象になっているそうです。内科・小児科といえば、子どもに不調が現れたとき、ママが真っ先に駆け込む場所。そこでノロウイルスに対してどんな対策をしているのか、どんな対策が有効だと感じているのか、とても興味深いですよね。

アンケート結果を見てみると、なんと医療従事者の方でさえも、“3割以上”がノロウイルスに感染したことがあるそうです。

この時期、子どもは体調を崩してしまうことも多くなりますが、感染症に対する意識が高いと思われる医療従事者の方でさえも3割以上がノロウイルスに感染したことがあるなんて聞くと、まだ免疫が未発達な子どもはより気を付けてあげる必要があります。

では、どう気をつければいいのでしょうか?

対策方法は“石鹸を使った手洗い”が9割以上でした。その他、バランスの摂れた食事が59.5%、食品の十分な加熱が57.1%、十分な睡眠が52.4%。

そして注目すべきは、“身体の中からの対策”の有効性を感じている医療従事者が、なんと“9割”もいるということ。その中でも『ラクトフェリン』に注目が集まっているそうです。『ラクトフェリン』とは、生乳や母乳に含まれるたんぱく質で、健康を維持する素材として注目されています。

 

■ノロ予防に効果的!『ラクトフェリン』はどうやって摂る?

では、その『ラクトフェリン』は、どのようにして摂ればいいのでしょう?

牛乳やチーズなどの乳製品にたくさん入っているような感じがしますが、『ラクトフェリンと森永乳業の研究』のサイトによると、“低温殺菌牛乳や低温で殺菌されるナチュラルチーズ等には少量の『ラクトフェリン』が含まれているものもありますが、高温で殺菌される一般的な牛乳やその他の乳製品にはほとんど含まれていない”のだそうです。『ラクトフェリン』は高温で加熱されると、本来の形や活性を失ってしまうということ。

効果的に摂るためには、『ラクトフェリン』が入っていることが明記されている商品を選ぶ必要があります。

最近では、ヨーグルトやドリンクに『ラクトフェリン』が入った商品が発売されています。

たとえば、森永乳業の『ラクトフェリンヨーグルト』は、ラクトフェリンを100mg配合したソフトタイプのヨーグルトです。程よい甘さのプレーン加糖タイプで、これならママもパパも子どもも、家族みんなでおいしく摂ることができますね。

さらに、ドリンクタイプの『ラクトフェリンドリンクヨーグルト』も発売されています。ドリンクタイプだと、忙しいときでも素早く手軽に摂取することができるので、忙しいママには嬉しいですよね。

 

以上、今回はノロウイルスの予防法について紹介しました。

手洗い、うがいはもちろんですが、『ラクトフェリン』のように体に良い成分も積極的に取り入れながら、体調管理をしていきましょう。

 

【参考】

ラクトフェリンヨーグルト – 森永乳業

ラクトフェリンドリンクヨーグルト – 森永乳業

ラクトフェリンと森永乳業の研究

関連記事

コメント

コメント