ちょっとの差!「言うことを聞くか聞かないか」の分かれ目は●●●にあった

佐藤めぐみ

悩み

223529956

「○○ちゃん、夕飯食べようか?」「いらな~い」、「お片づけできるかな~?」「しなーい」……。なんとか言うことを聞いてもらおうと口説いてみるものの、子どもの“イヤイヤ攻撃“にあっさり撃沈するママも多いのでは?

言うことを聞いてもらうためのステップとして、まずは子供にママの言うことを聞かずに何かをやり続けた時、「ここまではOK」「これ以上はダメ」というママのクリアな線引きが差をうむということを過去の記事『判明!子供は言葉ではなく●●で学ぶ』でお伝えしました。

では、具体的にどうすればいいのでしょう?

そこで今日は、『子育て心理学のプロが教える輝くママの習慣』の著者・佐藤めぐみが子どもがすんなりと言うことをきくようになる、ママがすべき線引きのコツを3つお伝えしていきます。

 

■1:子供の立場にたった線引きをする

まずは子供がどんなプロセスで、ママの示す境界線を把握していくのかを知ることから始めましょう。

例えば公園で。ママが、「すべり台をあと3回やったらおうちに帰るよ」と言ったとします。「3回で終わり」というメッセージは、ママにとっては明確なラインを示した感じがするかもしれません。が、実は子供にとっては、“この段階”では、ラインはまだぼんやりしているのです。

子供がそのラインを知るのは、3回すべり終わった後です。そのとき、ママがちゃんと帰るのか、どうか? 約束どおり帰路についたところではじめて、子供は「3回で終わり」というママの境界線を理解します。

 

■2:ママの言動を一致させる

もし、すべり台を3回終えた後、子供に「あと1回、お願い!」と言われ、「じゃあ、あと1回だけよ」と言ってしまったら……?

子供は、

• ママははじめ3回って言っていたけれど、本当ではなかった

• ママはさほど真剣に言っていたわけじゃないんだ

と考え、ママとのお約束を、泣いたり、ごねたり、お願いしたりして回避しようとするようになります。これが言うことを聞かなくなってしまう発端です。

これが日常的に繰り返されると、

• 何がOKなのか?⇒ 「ボクは、自分のやりたいことを続けていいんだ」

• どこまでOKなのか?⇒ 「ワタシは、自分のやりたいところまで続けていいんだ」

• 守らなかったらどうなるのか?⇒ 「大ごとにはならないから大丈夫だ」

と解釈してしまうようになり、「全然言うことを聞いてくれない!」という状態に陥ってしまうのです。

 

■3:子どもは“経験で学ぶ”ことを理解する

言うことを聞かない子どもを前にすると思わずイライラして叱りつけてしまうことがあるかもしれません。でも子供は悪意があってこうしているわけではなく、体当たりをしながら物事を学んでいくものなのです。

実際私たちも小さい頃、いろいろな経験をしながら母親に育てられてきたのです。子供にとっては、言葉より経験の方が目に見えて具体的ということを理解しましょう。

 

いかがでしたか?

ママは、この子ども式ラーニングスタイルを踏まえたアプローチを取っていくことが大切です。子供にとっては、ママは言ったとおりの行動を起こす人かどうかが、言うことを聞くか聞かないかの分かれ目になるのです。

ママの言葉と行動が一致すると、日々のコミュニケーションはどんどんスムーズになっていくはずですよ!

【関連記事】

※ 判明!「子供は言葉ではなく●●で学ぶ」心理学的な事実

※ 悪習慣に陥りがち!「エサで釣るしつけ」の解消法

※ 「育児しんどい…」と思った時に!夫への効果的なSOSサインの出し方

 ココに違いが!ハッピーママは自然に出来ている「イライラしない」3つの思考法

※ イヤイヤは成長の証!「魔の2歳児」とハッピーに過ごすための10個のコツ

【著者略歴】
※ 佐藤めぐみ・・・心理学がベースのポジティブ子育て『プラス思考育児メソッド』でママをサポートする『ポジカフェ』主宰。
ママ向けストレス診断、悩み相談、叱り方教室 『ポジカリ講座』 など育児コンサルタントとして活動中。著書は、『子育て心理学のプロが教える輝くママの習慣』(あさ出版)『叱るときのイライラがなくなる! 子育て心理学のプロ 佐藤めぐみの「ポジカリ」メソッド』 (All About Books)[Kindle版]など。

関連記事

コメント

コメント