寒~い日こそ入りたくなる!3歳以下の「子どもと楽しめる」日帰り温泉3つ

島津優理子

レビュー

寒~いも日増え、温泉にでも入ってゆっくりしたいと考えるママも多いのでは?、小さい子どもと一緒だと入れない温泉施設は意外と多いのです。例えば、小学生未満は入館自体不可の施設や、入館はできるけれど、オムツが外れていないと大浴場には入れないなど・・。せっかく温泉に行ったなら、一緒に大きいお風呂に入りたいですよね。そこで今回は、3歳以下の子どもでも楽しめる日帰り温泉施設を紹介させていただきます!

 

1:日帰り天然温泉 竜泉寺の湯

こちらの施設でオススメなのが、”ちびっこの湯”。温泉の温度が少しぬるめに設定されていて、壁には子どもが大好きなキャラクターが貼ってあります。ちびっこの湯では、おむつの取れていない子どもも大きなお風呂をパパやママと楽しむことができます。おむつ台も男女更衣室に完備しています。

入館料がリーズナブルなのもこの施設の魅力。大人600円(愛知県内2店舗は500円)、小学生300円、4歳以上の子ども100円、3歳以下は無料となっています。タオルは含まれていないので、持参するか、もしくは300円でレンタルも可能。神奈川、愛知、宮城と全国5店舗に展開。

 

2:大江戸温泉物語 

“お台場温泉”で有名な大江戸温泉物語グループも子連れに嬉しい施設。地域によって数が違いますが千葉県に展開される浦安万華鏡の場合、3歳以下の子どもでも入れるお風呂が4つあります。ベビーバスの貸し出しもあるので、活用してみては。

料金は、平日と土日祝日で違いますが、大人1700~2000円、4歳から小学生700~800円、3歳以下無料です。フロントには乳児用に60℃のお湯が用意してあったり、ベビーベッドなども完備されているので、小さな子ども連れでも安心して利用することができます。

 

3:湯屋敷 孝楽

続いて、埼玉県さいたま市にある湯屋敷 孝楽。こちらは、埼玉県のママ・リフレッシュ事業の協力店として登録されていて、“お子様大歓迎”の施設です。

お子様大歓迎ということもあって、とにかく子連れに嬉しいサービスが勢ぞろい。例えば、ベビーカーのフロントでのお預かり、オムツ販売、浴室用ベビーチェア貸し出し、絵本コーナーなど。また、ここは、全てのお風呂にオムツをしている子どもが入ることができます(もちろん、保護者が衛生面にしっかり気を配る必要はあります)。

料金も平日は大人600円(土日祝700円)とリーズナブル。ただ、こちらは、3歳から料金が発生しますのでご注意を。3歳以上未就学児は200円(土日祝250円)、小学生は300円(土日祝350円)です。

 

以上、小さな子どもの入浴OKの温泉施設をご紹介しました。筆者も4歳の娘もこういった施設を利用することがとても多いです。レジャー施設などの帰りに寄ると、家に帰ってからとてもラクに。パジャマや歯ブラシを持参しておけば、そのまま寝てしまっても大丈夫なので、オススメですよ。

【関連記事】

※ 「育児しんどい…」と思った時に!夫への効果的なSOSサインの出し方

※ ビックリ!おっぱいの「味見」をすると子育てがラクになる理由

※ 心理学のプロがズバリ!「傷つく」叱り方と「傷つかない」叱り方6つ

※ 実は子どもの「キーキー声」の原因になっているNG食習慣3つ

※ お風呂掃除見逃してない!? 追いだき配管は実は驚くほど汚れている

 

【参考】

日帰り天然温泉 竜泉寺の湯

大江戸温泉物語 浦安万華鏡

湯屋敷 孝楽

関連記事

[fbcomments]