実は子どもの「キーキー声」の原因になっているNG食習慣3つ

藤田光樹

子供

低血糖

「そんな声、どこから出してるの?」と思うほど甲高い子どもの“キーキー”声。1~3歳の頃に、急に始まることが多いようです。大体が「パパじゃなくて、ママがだっこして!」「お水じゃなくて、牛乳が飲みたいの!」といった、“ちょっとした”要求のサインです。

だけど、まだうまく言葉が話せない子どもたちはどうにかして親に伝えたくてキーキー声で訴えているわけですね。

このような要求系のキーキー声なら「なにかしてほしいのかな?」と親も原因が分かり安心ですが、そうじゃない時でもキーキー声を出している……なんていうことがあったら、ちょっと心配ですよね。

今回は、キーキー声といった“過剰行動”が食習慣の影響を受けている場合の改善法についてご紹介します。 

 

原因は「低血糖」かも!?

子どもで、低血糖がどのようにして起きるのでしょうか?

たとえば、毎日、ジュースやお菓子など、糖分の多い食べ物ばかりだと、血糖値がグンと上がりますよね。その急激に上がった血糖値を下げようとインシュリンが過剰に分泌されると今度は血糖値がグンと下がり低血糖状態になることがあります。

低血糖になると、脳の抑制命令がきかなくなるので、急に金切り声を上げたり、興奮したり、暴れたり……など、過剰な行動が見られるように。

「たしかに甘いおやつはあげるけど、そんなにあげているかしら?」と思うママもいらっしゃると思いますが、幼児の砂糖の1日の推奨摂取量は“約10~15”g。イチゴジャム大さじ1ぐらいです。結構少なくないですか?

ご飯の時間に調味料として砂糖が入っているおかずも食すので、おやつにクッキーやアイスなどを食べたら、あっという間にオーバーしてしまいます。

 

■「キーキーを抑える」食事の工夫3つ

(1)砂糖が入っていないおやつを開拓!

先述のとおり、目安は“イチゴジャム大さじ1”。目に見えにくいですが、3度の食事にも砂糖は入っています。なるべくおやつは、おにぎりや蒸かしイモ、フルーツ、おせんべいなど、砂糖が使われていないものを選んで。

(2)カルシウムの多い食材を取り入れて

特に海産物はオススメ。カルシウムの他、カリウム・マグネシウムも豊富です。ミネラルをバランスよく摂ることは、突発的な行動を防ぐことにもつながります。

(3)リン酸(塩)を含む食品をなるべく避ける

たとえば、ハム・ソーセージなどには、弾力性をだしたり、歯ごたえを良くするために『リン酸(塩)』が添加物として使用されていることが多く、プリンなどにも味にまるみをつけたり、色を保つために使用されている場合も。

リン酸(塩)は、カルシウムの吸収を阻害する側面があるため、すべてを避けるのは難しいかもしれませんが心掛けるだけでだいぶ違うので、買い物するときはチェックしてみて。

 

言葉がちゃんと話せるようになる4~5歳になると、多くの子が、キーキー声を出さなくなります。でももし、手がつけられないほどのキーキー声でお悩みでしたら、白砂糖を控えるよう心掛けてみてもいいかもしれませんね。

早い子だと1週間でその変化を感じられるとか。食生活の面から見ても、非常に良いことなので、一度試してみては? 

【関連記事】

もう頑張りすぎない!妊娠&育児ママが活用したいサービスって?

※ 普段よく口にしがちけど「実は摂りすぎると危険なもの」5つ

※ 食品表示の鵜呑みは危険!非表示の化学物質が14種類あると判明

※ やめられないお菓子1位「ポテトチップス」が体に悪い意外な理由

 「天才児」を育てたママがしているある共通の態度とは?

関連記事

コメント

コメント