持つべきものはママ友!? 出産期に「10万円以上」節約する方法

芦原 陽子

プレママ

88916575

生まれてくるかわいいベビーのために、新品のベビー用品を揃えてあげたい!でも、全部買うとかなりの出費……。そんな時に頼りになるのが親戚や先輩ママたちからもらう「おさがりベビー用品」です。

ベビー・マタニティ通販誌『赤すぐ』が2013年に行ったアンケート調査では、先輩読者ママが育児に欠かせないアイテムTOP3として「1位:抱っこひも、2位:ベビーカー、3位:ベビーバス」を選んでいるという結果が。つまり、先輩ママの数だけ「おさがりベビー用品」も存在するということです。

ひと昔前とは違って“おさがり=お古”ではなく、運が良ければ海外の有名ブランドの高額なものや、使わずに終わった新品のベビー服などを貰える、なんてラッキーなことも!

今回は、筆者が出産祝いにもらって役立った「おさがりベビー用品」BEST4を紹介しながら、出費が多い出産期を乗り切る賢い節約術をお伝えします。

 

■高額品の「おさがり」が上位に!10万円以上の節約効果も

1位:バウンサー

バウンサーは、家事をする時や離乳食をあげる時に大活躍。遊び道具や寝かしつけにも使えて便利です。人気のものは2万円前後と決して安くはありません。筆者が頂いたものは、メッシュ素材で通気性が良いタイプ。汗や食べこぼしで汚れても、シート部分を外して丸洗いできるので、おさがりでも衛生的です。

バウンサーは買う人が多い反面、使用時期は1歳半頃までとそう長くないため、おさがり品は美品も多いよう。1歳半を過ぎたお子さんをもつママに「バウンサーって使ってる?」とさり気なく聞いてみると良いでしょう。

 

2位:ベビーカー

国内人気メーカーのベビーカーは、A型タイプの新品相場が4~7万円台。海外の人気ブランドだと10万円も超えるものもあり、高額品でなかなか手が出せないというママも多いのでは? 

でも一方で出産前に買ったものの、子どもがベビーカー嫌いでほとんど使えなかったという失敗談もよく耳にします。

「もうA型は使ってないの?」とさりげなく声をかけて、チェックしてみましょう。大抵のママはベビーカーの置き場に困っているもの。そんな時に貰い手がいたら喜んで譲ってくれるはずです。

 

3位:抱っこひも

病院通いやスーパーへの買い出しなど、産後すぐに子連れで出かける機会は予想以上に多いもの。筆者は新生児から使える横抱きタイプの抱っこひもを事前に準備していましたが、おさがりでもらった「縦抱きタイプの抱っこひも」のほうが、両手が使えて便利でした。

抱っこひもも人気のタイプは2万円近くするものが多く、いくつも買えるものではありません。

女の子に比べて体重が重く、動き回るのが好きな男の子のママの方が手放すのが早いと聞きます。そのため、男の子のママに抱っこひものおさがりを聞いてみるのをオススメします。

 

4位:ベビーウェア

ミルクの吐き戻しやヨダレなどですぐに汚れる肌着やお出かけ着は、ベビーカーやバウンサーに比べて高くはないものの、何枚あってもうれしいもの。

ベビーウェアはこちらから聞かなくても、先輩ママから「お下がりでもよければいる?」と聞いてくれることも多いよう。着ないうちにサイズアウトした、新品をもらえるなんてことも。

その際は事前にメールなどで写真を送ってもらったり、サイズを確かめておくと失敗が少ないでしょう。洋服はおさがりで思いがけず自分好みのブランドが見つかったり、似合う色・柄・デザインがわかったりするのも、うれしいポイントです。

 

いかがでしたか?

「おさがり」を賢く利用するだけで、10万円以上の節約ができたとの声も聞きます。出費の多い出産期はこのように上手な節約を心がけたいものです。

気をつけたいこととして、おさがりだけを狙った会話をしないこと。ママ友や親戚などと妊娠初期からコミュニケーションを密にとり、出産の相談をしていくうちに、相手側も「頼りにされているんだ」という気持になり、おさがりを譲ってくれるものです。

また、おさがりとはいえ、高額のベビー用品をくれた人や送料を負担してもらった場合には、お礼の品物を贈るなど感謝の気持ちを伝えることをお忘れなく!

 

【関連記事】

※  「あ~ママ友がいて本当によかった!」と思えるエピソード10個

※ どんなに人見知りでも「ママ友作り」がうまくいく超簡単なコツ

※ やりがちだけど実はママ友に嫌われやすいNG行動5つ

※ 年末年始に余裕をもって過ごせる!スーパーで使える超簡単節約術

※ たったこれだけでOK!? 簡単に続けられる「家計の節約術」5つ

 【参考】

※ 赤すぐ2013年5月号 「迷いがち育児グッズいる○?いらない×ランキング」 – 赤すぐnet

関連記事

[fbcomments]